Tag Archives:

歯茎から出血?

最近ものを食べている時に血の味が混じるようになった。

 料理に何か血が入ったかなと思ったが、どうやら自分の口の中のどこかが出血しているようだった。

 あまり自覚症状ないのでどこから出血しているかも分からずないが、口をゆすいでみると確かにどこかが出血しているようで、血が混じる。

 鏡で見てみたがちょっと出所は分からなかった。

 でも確かにどこかで出血しているようだ。

 一応毎日歯は磨いているので虫歯の可能性はそんなに高くはないが、最近少々栄養バランスが悪いかなと言うのは自覚するところで、そういった面で口の中があれている可能性があるのかもしれない。

 出血元がわからなければ対処のしようもないが、ご飯は美味しく食べたいので、しばらくは食事前に口をゆすいでから食事をするようにしようかと考えている。


歯に浸みるB級中華料理

最近、上海のB級レベルのチェーン店などに入って食事をすると、歯がやたら浸みる時がある。

 もちろん、私の歯の基礎が多少弱っているということもあるが、自炊して食事をする範囲においては決してそんなことはないのに、外食した時に少々甘めの味付けのもの、例えば紅焼肉(ホンシャオロウ)などを食べると、歯に浸みる気がする。

 外食の日本料理ではまずそんなことが起きた記憶はないし、中国へ来て私も比較的コーラをよく飲むようになったが、歯に悪いと言われるコーラでさえそんなことは体験したことはなく、歯が浸みるのは決まってB級系の中華料理を食べた時である。

 まあ原因は定かではないが、どうも中国の砂糖や甘味料、或いは化学調味料などにその問題があるような気がしてならない。

 或いは酢が原因かもしれないが、どうも歯の表面を溶かして浸みこんでくる。

 私自身上海の地元のB級グルメを食べるのは、味覚の面としては決して嫌ではなく、それなりに普通に受け入れて食べているが、この歯への悪影響についてはどうも懸念がある。

 まあ普段からそれ程気を付けて歯の健康を気遣っている方ではないが、人並みに歯磨きはやっているし、キシリトールガムもよく咬んでいるので、普通の食事だけをしている分には歯に影響はまったくないと感じているが、B級中華系はやはりどうも駄目である。

 歯の弱い方は、できれば中国(大陸)系のローカルチェーンは避けて、なるべく海外資本系の店を利用することをお勧めする。


ガムのおかげ?歯医者とは縁遠い生活

 上海にいる友人と話していたときに、上海の歯医者はどこがいいですか?と質問されて答えに窮したことがある。

 何故なら、上海で歯医者に通った覚えが全くないからである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 それどころかここ10年、いやそれ以上の期間、歯医者へ通った記憶がない。

 はっきり覚えているのは大学時代に数回通ったことだが、そのあとはほとんど記憶がないのである。

 まあひょっとすると社会人になった後に数回ぐらいは通った可能性もあるかもしれないが、今思い出そうとしてもほとんど記憶がない。
 通った可能性があると思える歯医者が全く思い当たらないのだ。

 もし実際に大学以降は歯医者に通っていないとすれば15年以上歯医者には縁がないことになる。

 そんな状況に自分のことながらちょっと驚く。 

 もちろんその間も歯の状態に危機が全く無かったわけではなく、歯が浸みたりして少し痛みを感じたことは数度となくあった。

 しかしそんな時は、例のキシリトール入りガムを大量に購入し必死にかみ続けた。

 実は歯医者での高い治療費と、歯医者に通う時間を使いたくなくなくガムで何とか凌げるのであればという窮余の策であった。

 すると実に凄いことに数日で歯の痛みは回復し、辛い症状から解放された。
 それから歯の状態が気になるとガムを大量に噛むといった方法で何度も危機を乗り越えてきた。

 そしてあの頃から歯磨き粉も、歯の表面を修復・保護する機能のあるちょっと高級な歯磨き粉に換えた。
 もちろん歯磨きも子供のころに比べればかなりマメに歯を磨くようになった。

 その結果、成人後は現在まで歯の病気にはほとんど悩まされずにきている。

自分では特に気にならなかったが、一年中歯の痛みに悩まされている人から見れば、これは凄いことなのかもしれないと最近気付くようになった。

 ガムと歯磨き粉、このほんのちょっとの支出で悩みが消え、治療費が節約できるのならこんなに楽なことはない。