Tag Archives: 学校

中国では小学校1年からアルファベットを学ぶ

 先日、お子さんが公立の小学校に入学した同僚の話を聞いたが、どうやら中国の小学校では1年生の時点からアルファベットを学ぶというようなことを言っていた。

 「なぬ?小学校1年生から英語教育?」

  外国語教育は早期開始が良いと世の中で謳われているとはいえ、小学校1年生では母国語の基礎が無いので外国語教育は早すぎると思っていた私は、この情報にとても驚いた。

 世の中の教育ブームに煽られて中国の公立教育もとうとうそんなところまで来てしまったのかと思ったが、どうやら事情を聴くとこれは私の早合点であることが分かった。
 中国では小学校1年から確かにアルファベット=英字を学ぶが、それは英語を学ぶための目的ではなく、母国語の中国語を学ぶための基礎として学ぶという事のようである。

 つまりどういうことかというと、母国語の中国語で使われる文字は表意文字の漢字であるため、その発音を示すピンインを読める力が必要であり、ピンインは英字で表示されるため、英字を読む力が国語を学ぶ基礎として必要となっているという事情の様だ。

 それ故に、日本人がまず「あいうえお」の五十音を小学校で学ぶのと同様に中国人は英字を学ぶという事になる。

 幸い日本には平仮名、片仮名の表音文字の文化が発展してきているから、自国語の学習は自国語の文字だけを学べば事足りるが、中国ではそういう発展がなかったため1958年に国家が英字を取り入れてピンイン体系を作った後は、母国語の中国語学習にはピンインが必須になったのである。

 ピンインは国土の広い中国が、共通語として同じ字を同じ発音で読むという目的として取り入れられたものであるが、国内の母国語の発音統一のため外国の英字を取り入れて基準を作っているのは何とも不思議な話である。
 そういった事情から中国では小学校に入るとまず英字のアルファベットを学ぶようであり、恐らく我々日本人が中国語を学ぶステップと同じような経過を辿って、四声や発音を学んでいくのだと思われる。

 ちなみに、実際の英語教育はいつ始まるかと調べたら、なんと中国では小学校3年生から英語の授業があるようである。

 学校によっては小学校1年という学校もあるようだが、まあそれは日本でも私立でそんな学校もあるので変わらないが、公立でも小学3年と言うのは非常に早い。

 もちろん全員が全員英語上手になるわけじゃないが、中国人の英語の発音が綺麗だといわれるのはこんなところから来ているのかもしれない。

 ただ、10歳程度の母国語の能力が確立されないうちに外国語を学ぶのは決していいことだとは私は思わないし、母国語をまともに扱えない人間は結局はバイリンガルにも成りえず中途半端になるので、外国語を学びたい人ほど母国語をしっかり学ぶべきだと私は思っているので、出来ればこの中国の教育状況に日本は影響されないでほしいと思っている。

実は中国人は磁石をあまり知らないらしい

 日本では小学校低学年から磁石について、色んな教材や子供向け雑誌、テレビ番組などで繰り返し教えられているので磁石というものの存在をしらない人はまずいない。

 難しい理屈は分からなくても磁石は「鉄にくっつく」というこのくらいのことは、普通の教育を受けた人ならほぼ100%の人が知っている気がする。

 ところが、中国の多くの方は磁石そのものが何ものであるか全くわかっていないというようなことを昨日耳にした。

 なんと中国の学校の理科の時間では磁石について一切教育していないのだという。

 もしこれが事実だとするなら、磁石の存在が常識として備わっている日本人の自分からすると非常に驚くべき発見である。
 故にいい年した大人の中国の方に磁石を見せて鉄にくっつけたりすると、非常に驚くらしい。そんな驚く姿を見たらこちらのほうが驚きだ。

 羅針盤を発明したのはこの国だからである。言うまでもなく羅針盤は磁石の原理を利用している。

 世界で初めて営業運転をさせたと言われる上海のリニアモーターカーも、磁力で浮上させて走る列車であるということは日本人であるならば大抵の方が理解していると思われるが、上記の話が本当ならば中国は国民の大半が磁石というものを理解しないままリニアモーターカーというものを受け入れたことになる。驚くというか何も基礎技術の理解がないまま営業運転を開始させてしまうこの国の無謀さにはちょっとあきれてしまう。
 

 まあ最近の上海ならば、外資企業のオフィスなどにはホワイトボードのようなものは必ず設置されているだろうと思われるので、そういった会社に入ればホワイトボードに貼られたマグネットを見てを磁石がどんなものかぐらいのものは取り合えず理解するであろうが、それとリニアモーターカーが同じ基礎原理のもとで動いているとは容易には信じまい。

 ひょっとすると磁石、磁力というものは21世紀の最新ハイテクノロジー技術だと感じているのかもしれない。そう考えるとたかが磁石のことであっても、小さい頃から身近に学んできた差というのは非常に大きいなと感じてしまう。

 こんな教育の状況であれば、テレビショッピングで分けの分からない商品が、万能健康グッズとしてどうどうと売ることができてしまうのも理解できなくはない。
 馬鹿にするわけではないがこの国の初等教育は識字率をあげることが大事で、理科系の基礎原理を教えることにはまだ手が回っていないというのが現実のようだ。
 これらはまだ聞いただけの話なので、今日か明日にでも事実を確かめるべく知り合いの中国人に聞いてみようと思う。