Tag Archives: 鶏肉

インド人が勧める上海一のインド料理店

先週、インド料理店に行ってきたばかりなのだが、先週一緒に行った友達の同僚にインド人がいるらしく、その同僚が言うには上海一うまいインド料理が上海動物園の近くにあるというのだ。
上海一と聞いていてもたってもいられなくなってしまったので、2週連続ではあるが再度インド料理に挑戦することにした。

 お店の場所は虹橋マリオットホテルのそばの剣河路を北に折れ、さらに平渓路という通りに入ったところにあった。もともと虹橋空港に近いこともあって、周囲は立派な門と入り口のある外国人の多い高級住宅街であり、この季節は派手なクリスマス用の電飾の飾りつけが目立つような環境である。

上海の日本人高級住宅街として有名なガーデンプラザもこの近くである。しかしこの平渓路という通りは、周囲の高級住宅街の環境からすぽっと抜け落ちてしまったようなドローカルな街並みであり、饅頭屋や蘭州ラーメンのようなお店が数多く並んでおり、こんなところに果たして「上海一」と呼ばれる、しかも「インド料理」店があるのかと疑いたくなる環境だ。

 しかし、この環境の中にあっては、ちょっと異色を放つインド料理店が確かにあった。

店内

店内

さてさて中に入ってみるとカウンターとフロアスペースにテーブルが並んでいる、BARスタイルのつくりだ。確かに店の看板にはBARと書いてあった気がする。テーブルの上にはナプキンとインド料理の店によくある銅製のコップが伏せて置かれている。

 でメニューを見るとカレーの種類は先週の店より多い。値段は先週の店より1~2割高い。店員からいきなりタンドリーチキンを薦められたので、薦められるままに注文してみた。今回頼んだカレーは羊肉とほうれん草のカレーと、北インド料理というチーズ鍋である。

羊肉とほうれん草のカレー

羊肉とほうれん草のカレー

ナンにもいくつか種類があるらしく、薦められるままにガーリックナンを注文し、ライスはタイ米とインド米があり、インド米のほうが2元高く20元だったが、インド料理だったのでインドライスを注文した。
 で、最初にタンドリーチキンが出てきた。このタンドリーチキン、確かに美味しいのだが少々辛い。あとからこれがちょっと失敗だったと気が付く。

タンドリーチキンの残骸

タンドリーチキンの残骸

なぜならば続いて出てきたカレーを食べようと思ったときに、舌が馬鹿になっていて、カレーそのものの風味を味わえないのだ。
しばらく食べ進んでいくうちに、辛味から舌が解放されていくにつれ、このカレーのルーのうまさに驚かされたからである。舌が馬鹿になっていなければ最初からこの味を感じ取れたのにというほど残念であった。

 日本やそこらへんの薄っぺらい味とは違って、スパイスと素材が深く交じり合って、とても味わい深い。ああ、これが上海一と言われる由縁だなと非常に納得した。
惜しむらくは繰り返しになるがタンドリーチキンの誘惑に負けて、このカレーのうまさを最初から味わえなかったことである。

北インド料理というチーズ鍋

北インド料理というチーズ鍋

 さて最後にデザートを注文した。インド式チーズケーキとでもいうべきもので、見かけはころころして白玉のような丸っこいデザートである。

デザートのアイス

デザートのアイス

まさにアジアとヨーロッパの中間に位置するような食感と味であり、心がすっとした締めの味わいである。
 このお店、パーティー用のデリバリーもやっているようで2km以内なら送料無料とのことである。一人当たりの予算目安は100~200元といったところ。

次回はタンドリーチキン無しでカレーのみで味わいたいなぁと思うが、ちょっと場所が遠いのと値段が高めなのが難点。割安なランチセットもあるようなので、今度はそのタイミングを見つけてこようと思う。
上海一のインド料理をみなさんも是非お試しください。

Delhi Zaika
上海市平渓路26号(剣河路)
(021)6261-0282
中国語は通じにくく英語のほうがよい

今日のランチ「鳥から揚げ定食」満月さん

今日は天気がよかったので、久しぶりに西まで足を伸ばしてみた。自宅近くから88番のバスをひたすら西へ向かった。
ビザ取得時に身体検査をした医療センターの近くの金浜路で下車し、そのそばの「満月」さんという日本料理屋さんでお昼をとることにした。
このお店は本来、焼肉が主体だが昼時には普通の日本食ランチもある。この近くには日本人住宅街として有名なガーデンプラザさんがあり、そこの住民の利用が多いようで、実はこの日も知り合いの夫婦に偶然会った。

 今回は焼肉をするつもりはなかったので普通のランチということから「鳥揚げ定食」(35元)を注文した。から揚げそのものは特別美味しいと取り上げるほどのものではないが、基本に忠実で安心できる味である。

17212

実はこの定食のなかでちょっと感動したのは付け合わせの野菜である。写真ではから揚げの上部に移っているキャベツである。中国の日本料理屋に限らず、日本でも日本食では主菜に対してしなびたセンキャベツが付いている場合が多いのだが、このお店のものは一味も二味も違い、単なる付けあわせではなく、一つの料理として成立している主張をもった料理である。

 こういう面を見てしまうと、このお店の料理に対する姿勢というものを感じ取ることができ、更に機会があればまた訪れて別の料理を注文したいという気になる。主菜の味が飛びぬけていなくても付け合せのような脇役をきちんと大事にするこのような姿勢のお店を私は大事にしたい。

YAKINIKU 満月
上海市長寧区金浜路112号
021-6268-7860

今日のランチ「茄汁鶏香鍋」 一茶一座さん

最近南京西路を訪れることが多く、今日もなんの気はなしに昼間にここを訪れ、ランチは一茶一座さんでとることにした。
ここは色んな薬膳料理や、お茶が楽しめる店として上海の人間にとても人気である。
以前お茶で利用したことはあるのだが、先日食事も取れることを知り、今日はランチをここでとることにした。
で、注文したのが「茄汁鶏香鍋」ランチセット(48元)である。漢字で書くとちょっと難しいが、日本語で言うなれば「竜田揚げチキンのケチャップ煮」といったところである。

17009

 48元というのは上海のランチの相場からすれば若干高めだが、それなり質のよい食材となっており、日本なみのグレードとなっていると理解すべきであろう。
さてさて、お味のほうはというと、チキンがとてもおいしく、ケチャップの汁に漬け込むと非常にまろやかな味わいだった。変に刺激的な香辛料の演出もなく、やさしい味わいだった。
まるで日本の家庭料理を食べているかのような感覚で、汁に一緒に煮込まれていたたまねぎも結局全部食べてしまった。

店内もお茶が主力のお店らしく、あまりガタガタしておらず、のんびりした雰囲気が居心地よい感じだった 
 値段が安くないので年中は通うのはちょっと大変そうだすが、ファミレス的な感覚で友人とちょっと食事するには割りと適当なお店で重宝しそう。

一茶一座 南京西路店
上海市南京西路996号2楼
(021)6217‐0492

初産みから20個目までの卵

15146

鶏肉を売り出したいというある方の招きで、某農場を訪れたときのことである。
そこでその鶏肉とともに試食として食卓に上がった卵が、写真の卵である。

これは今回の商談とは直接関係ないものだが、市場では貴重なものというものらしくご相伴にあずかることになった。
 これは鶏の親鳥が初めに産む卵、大体20番目までの卵を日本では「初産み卵」と呼び、通常の卵とは区別され、高価な値段で取引されているという。
普通我々が目にする卵より小さく、栄養価も高いらしい。
 この初産み卵以降、卵はだんだん大ききなっていくという。

 今回はゆで卵で料理されていたが、確かに味は濃厚で非常においしかった。

この卵自身はこの農場の生産数ではビジネスレベルに載せるのは難しいそうだが、
鶏肉のほうも非常においしくいい話が広がることを望みたい。