北京でお尻に発疹

一昨日まで北京に出張してきたのだが、とても暑い中一日中歩き回っていたため、毎日汗だくだった。
そのため、おしり、背中、足に虫刺されのように発疹が出来た。とてもかゆい。
恐らく汗疹の一種だと思うが、ただ何故他の場所には出来ず、この場所にだけできたのかを考えるとちょっと不思議だ。
 他の場所も同じように汗をかいていたがこの3箇所以外は発疹はほとんどでなかった。推測するに外を歩き回った直後にバスや地下鉄など乗りシート座ると上半身は冷房により急速に汗が引いていくが、お尻近辺は座席に接触しているためなかなか乾燥しないで蒸れたままである。そういうことを繰り返しているうちに背中やお尻にかぶれたように発疹ができたのだろう。無論、靴は履きっぱなしなので蒸れてしまうことは明白である。
身体は全体で冷やしたり暖めたりしないと今回のように同じ肌でも斑が出てしまう。そうは言ってもバスに乗ったら座りたい。健康管理に気をつけたい夏の外回りである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com