ボロボロの手すりベルト

蓮花路駅前のエスカレーター

 先日ちょっと野暮用で1号線の蓮花路駅前にある南方商城に行った時、ボロボロになっている屋外エスカレータの手すりベルトを発見した。
 ラバーの部分が縦にほぼ半分ほど剥がれ落ちてしまい、下地の部分が露出しているような状態だった。
 今まで、ほんの一部が欠け落ちているようなエスカレーターの手すりベルトは見かけたことがあるが、ここまでボロボロのものは初めて見た。
 壊れ方を見る限りではイタズラでカッターなどで切ったようには見えないから、恐らく耐久性の低い素材だったか、欠陥品ではがれてしまったという事なのだろう。
 私はエスカレータの専門家じゃないので屋内用と屋外用に素材の違いがあるのかどうか知らないが、屋外の場合は風雨や太陽光に晒されるのでより傷みやすいとは思われる。
 まあその素材の耐久性はともかく、こんな状態になる前に少しでも欠けたらさっさと交換してほしいと思うのだが、どうも管理がきちんとされていない様である。
 



One thought on “ボロボロの手すりベルト

  1. Pingback: 上海の地下鉄が明るくなる? | 上海ワルツ NEW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com