上海-茨城線の就航は7月21日からか?

 asahi.comのニュースによると、茨城空港への乗り入れを要望している春秋航空が7月21日からの路線就航を希望していることがわかったようだ。

 先日のニュースでは夏から就航開始したいとの要望であったが、日中両国の夏休み需要を取り込みたいなどの理由から、恐らくこの時期の開始希望となったと推測される。この格安航空会社を掲げる春秋航空にとっても格好のターゲットともいえる夏休みを迎える学生の万博訪問客などを狙いたいのであろう

 報道によると、昨日今日と茨城県の橋本昌知事が上海を訪れ最終の詰めの交渉を行なっているようで、今日明日にも何らかの決定と発表が行なわれるものと見られる。

 さあ、いよいよ実現か?

この就航が決定すれば、やはり私の一時帰国も7月21日に決定か?
でも一番乗り好きの中国人に負けずチケットが取れるだろうか?それが一番の難関だ(笑)
正式発表を是非待ちたい。

着陸直前の春秋航空機

着陸直前の春秋航空機



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com