仕事の旬

旬は食べ物の季節を意味する言葉として使われることが多いが、仕事にもおいてもやはり旬というものが存在する。その瞬間にその仕事をするとより効果的な結果を出すことが出来るが、逆に、その旬のタイミングを逃せば同じことをやったとしてもほとんど効果が現れない仕事がある。

 簡単な例で言えば、雨が降り出したときに傘を繁華街で売れば買ってくれる人が大勢いるが、朝から降り続いている雨の日に、夕方に傘を売りに行ったところで大多数の人は既に傘を持ち合わせているはすなのでそれほど売れるわけではないのである。

 同じことは雑誌などの記事や広告などにもいえ、例えばボーナス時期に高額商品のPRを行えば買ってくれる可能性は高まるが、旬を外せばどんなにすばらしいPRも意味がなくなる。
しかも、旬というのは、その旬のタイミングになってから行動したのでは間に合わない場合が多く、あらかじめ旬の到来を意識して行動できるように準備をしておかなければ、いざのタイミングが来たときに行動できない。花見のタイミングを見計らうあれと同じである。

 故に普段から仕事においては未来の旬を予測して準備する姿勢と、旬が訪れたときに一気に行動する行動力が必要になるのだが、旬を目の前で見つけたのに、準備不足でみすみすチャンスを逃すケースは沢山ある。特に最近チャンスに気がついているのに手を出せないようなことがあって悔しい思いをしている。

また他人に頼らざるを得ないときに、その相手が思うように動いてくれなくても、恨みをぶつけるわけにもいかず悔しい思いをしているケースもある。

 日本式なのか中国式なのかわからないが仕事の旬がつかめず年中同じペースで仕事をしている人がいる、それはそれで大事なことではあるが、目の前を旬が通り過ぎるのを黙って見過ごすのはやっぱりもったいないなと思ってしまう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com