「家政婦のミタ」を見ている

 まあまだ完結していないので「家政婦のミタ」を「見た!」ではなく、「見ている途中」となるが久々にはまる連続ドラマである。

写真はイメージ

写真はイメージ

タイトルはもちろんあの市原悦子さんの「家政婦は見た」をパロったもので、公式ホームページにはオマージュだと記されているが、中身は全然違う。

 どうやら日本でもブームになりつつあるようで、視聴率はもとより「承知しました」とか「それは業務命令でしょうか」などといった言葉が子供の間でも流行っているらしい。

 このドラマは松嶋菜々子さん扮する無表情無感情な家政婦の三田が母親を亡くした家庭に努めるという設定で展開されるのだが、家政婦としての能力はスーパーピカ一な反面、言われたことは例え殺人でも何でもやってしまうちょっと危険な一面を持つ謎多き三田さんが様々な騒動を起こしつつも、実は彼女の存在によって家庭のトラブルがどんどん解決していくという不思議な展開を見せるドラマである。

 松嶋さんを初めとして、キャストワークも充実していて非常に面白い。

 そしてこのドラマの一番の凄いところは、家族たちの無茶な要求をそのまま三田さんがやってしまうことによって、無茶を言った本人が自分の無茶な要求に気づくという、家族の鏡の役割を三田さんが演じているところにある。

 「○○の鏡」といういい方は本来お手本にすべきという意味でつかわれるが、この場合は三田さんが反面教師に近い存在ではあるものの結局は命令した本人に従っただけであるわけだから、命令した人間の姿を映し出した本当の鏡ということになる。そのことによって本人が気づき自立していくというのがパターンになっている。

 さて、見ていない方のためにあまり詳しいことは書けないが、今週から実はその三田さん過去の真実が明らかになっていくということで、ますますもって目が離せなくなっている。

 公式ホームページの掲示板には色々今後の展開予想などが書き込まれているが、今の人気ぶりから言えば、このまま「家政婦のミタ、パート2」を期待する声も大きく、残念ながら最終回は誰かと誰かが結婚するといった完全なハッピーエンドの方向にはいかないのではと私は推測する。

 それが証拠に、ドラマのあちこちに一見解決したように見えるが、はっきり描かず後からどうにでも繋げられる種が結構ばらまかれ、そのまま終わってもよく、続編に続いて火種となっても辻褄が合うよう実にうまく演出されている。その辺の計算は凄いと思う。

 今回そんな色んな推測を交えながら毎週の放映を楽しみにするようになった「家政婦のミタ」である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com