Tag Archives: ダニ

原因不明の蕁麻疹

 先月のダニ被害はダニ取りロボの設置により収まったが、残念ながらまだ皮膚の健康は取り戻せていない。
 冬になってからダニとは別に蕁麻疹に悩まされている。
 つまりダブルで皮膚に影響が出ていたわけで、食後によく出ることから、ひょっとすると食物アレルギーもあるかもしれないが、恐らく全体として消化器系の不調が原因なのじゃないかと自己診断している。
 以前からも良く書いているが、腸の調子は常にそれほどよくなく、痛みこそないが何となくすっきりしない状況がずっと続いている。
 大きな便秘も下痢も特にないが、腸はどうもすっきりしない。
 まあ原因はともかく蕁麻疹が出るとどうにも厄介である。
 背中や腰、首がところどころ腫れる。
 まあ普段はそれほど激しくないのだが、今朝は起きた時から不調で、背中全体が腫れるくらいの勢いで腫れが広がった。
 しかも下唇まで腫れてしまい、いかりや長介状態となった。
 こうなると、結構つらい。
  体調が落ちているところに昨日食べた山芋が影響したのか。
  今のところあまり対処のしようがないのだが、食べ物の選択にちょっと慎重になっている。
 まあ、あまり選択幅はないのだが、どう体調を立て直すかちょっと思案している。

ダニ捕り忍者ロボを購入

 冬になって、どうも肌が痒く虫か何かに食われたような跡が残ることが増えた。
 どうもダニがいるようである。
 布団をマメに干したりシーツをマメに洗ったり、床を掃除したりと、最近は非常に環境に気を使っていたが余り効果が無く先週までは食われまくっており、痒みに苦しんでいた。
 そしてとうとうどうにも我慢がならなくなって人に相談したところ、日本のメーカーが発売している「ダニ捕りロボ」(中国語名:忍者老宝)なるものがあるとのことを聞き、早速アマゾンで探してみることにした。

 見つけた物は値段は1個138元(=2700円!)とあり決して安くは無かったのだが、こちらは痒さたまら無い状態だったので、すがる思いですぐに注文した。

ダニ取り忍者ロボ中国版

ダニ取り忍者ロボ(中国語名は忍者老宝)


 
 そして、先週の日曜日午前に届き早速届いたそばから封を空け、説明通りシーツの下に置いてみた。
  上の写真が届いたもので、無臭で場所取らずなのは謳い文句通りで、頼りないほど特別な気遣いもないので本当に効果があるのか心配なほどだった。
 で、現時点でまだ一晩しか使用していない状態なのだが、どうやら効果がそれなりにあったようで、ダニに食われる箇所は圧倒的に減少してほとんど気にならなくなった。

 すくなくとも数日前とは雲泥の差である。

 たかがダニだったとはいえここしばらくの随分苦しみから解放されたという気がする。

 説明書によると効果は約3ケ月程持つとのことで、このまま春までは使えるようである。
 中国のアマゾンでは138元と高かったが、日本のアマゾンで調べると1800円ほどで買えるらしく、中国への輸入コストがかかっているようである。
 まあ効果が3ケ月あるとのことで、春までに日本に帰った場合に買って帰るか、誰かに買ってきてもらえば、安く上がるので、そうしようと思っている。
 取りあえず、痒みがなくなり気持ち良く1日が過ごせそうな気がしている。

 こういうものを買ってみると今更ながら日本の技術って凄いなという気がする。