ちょっと悲しいコメント

毎日帰宅後にネットで日本のラジオを確認しているのだが、
先日そのラジオ放送の中でちょっと悲しいコメントがあった。
それは先日、青島で起きた列車事故についてのコメントだったが、「この事故は痛ましいことだけれど、良かったことが二つある。

一つは死者の中に日本人がいなかったこと。一つは事故を起こした列車が新幹線ではなかったこと」とおっしゃっていた。

確かに日本国内から見れば、対岸の火事でしかないかもしれないが、中国で暮らしている我々からしてみれば明日はわが身かと思えるほど身近な事故であるし、周りの中国人など身近な人が巻き込まれる可能性が亡くなってた可能性があったかも知れない事故だ。
確かに自分や知り合いが巻き込まれないで運が良かったということは言えるかもしれないが、
六十人以上もの人が死んだ事故が起きたのに、日本人がいなくて良かったでは済まされない事故で、良かったといってしまう神経を疑ってしまう。

また、新幹線でなかったからよかったとか、そういう次元の問題ではない気がする。安全装備した列車が起こした事故でなかったので信頼性が損なわれなくてよかったという意味なのか?残念ながら中国にはそんな安全装備の不足している列車がたくさん走っているし、しかもその新幹線と混在して走っている。
今回たまたまその起こした列車がそのタイプでなかっただけで、中国の新幹線の安全性には何の関係もなかった気がする。

いずれにしても人が大勢死んでいるのに公共の放送に載せて発する言葉としてはとても残念で悲しいコメントだった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com