老眼が始まっていた。

 最近どうも左のこめかみが痛く、頭痛が止まなかったことから視力低下を疑い、日系のメガネ屋のZOFFへ行ってみた。
 ここのところ時々メガネをしたまま寝てしまうなどで、フレームが広がっていたこともあり、その調整を兼ねてという意味もあった。
 で、ZOFFで検査をしてみるとやはり左目が極端に悪化しているようであった。

右目は以前とあまり変化がないものの、左の視力が落ちてバランスを失っていたようだ。

 原因については心当たりがないのだが、相当バランスが悪い状態になっていたようで、どうも最近身体的に調子が上がらなかった原因がここにあったようだ。

このままではいけないと思い、渋々新たにメガネを一本新調した。

写真はイメージ

まあ出費は避けたかったのだがこのまま辛い頭痛を抱えるのも嫌であり、仕方なかったのである。

 このZOFFは、フレームを選んでと検査を済ませればあっという間にメガネを作ってくれる。
今どきのメガネはその場ですぐレンズを調節してくれるので大変ありがたい。
30分ほど待って、早速出来上がったメガネを掛けてみた。
すると右側の脳がパッと軽くなるような開放感が得られ、今までいかにストレスを感じていたのかを実感させられた。
ただ、店長さんの説明に依ると、老眼が始まっているため、メガネだけでは調整しきれないとのこと。
従ってもし見にくいと思ったら物を遠ざけるしか無いと言っていた。

いわゆる老眼である。

実際最近は手元より、ちょっと遠くのほうが見やすくなっており、ピント調節力がかなり弱まっているのである。
 ああ、とうとう老眼の始まる歳になったのかなぁとは思いつつ、メガネで開放されたすっきり感にちょっと満足した。

ところで片目だけ視力が悪化する原因についてその後色々調べてみたところ、これという原因を特定できたわけはないが、ある資料によるとパソコンのなどの作業などで、体にどこか無理な力がかかると視力のバランスが崩れる可能性があると書いてあった。
言われてみれば、これが一番可能性が高いかも知れ無い。
 リストレストの設置などで改善できる可能性もありそうでちょっと試したいと思っている。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com