あの相撲甚句はもう聞けなくなった。

 今月1日に3年程前まで上海の街にいた岩見正昭さんが亡くなったと、昨日人づてに聞いた。

 年齢とか亡くなった時の状況など詳しいことは伺ってないが、亡くなったという事実だけで十分ショックなニュースだった。

 岩見さんといえば上海の日本人社会の中でも結構有名人だった人で、上海にある全47都道府県の県人会を巡り、自ら作成した各都道府県の風光明媚な名所を謳いこんだご当地相撲甚句を披露していた。

 私も彼の紹介で幾つかの県人会に参加させてもらったり、実際に一緒に相撲甚句などを謳ったりした。

 日本時代にやはり全都道府県を回った私にとっては、歌に歌われる名所などが懐かしく、よくまあこんなに調べて歌詞に織込んだと感心したものだった。

 歌だけでなく、もと関取だった大柄な体型同様に懐の深い人で、今でも彼の声や言葉を鮮明に覚えている。

 あれからまだ3年程度しか経ってなく、1年ほど前にもまた上海に来たいとメールをもらったので元気だと思っていたが、人の人生ははかないものである。

「ヨイショ!ヨイショ!」

 もうあの相撲甚句は聞けなくなたと思うと残念でとても悲しい。

 故人のご冥福をお祈りします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com