TOP > BLOG > 上海ワルツNEW

上海ワルツNEW


2009年11月30日 韓国語の勉強をまたはじめた
 まあ特に大きな理由があるわけじゃないが、将来に関する漠然とした不安もあって韓国語の勉強を始めている。
中国語だってまだまだ中途半端ではあるのだが、この3ヶ国語ができるとアジアでは割と便利である。
実は韓国語は以前もかじったことがあり、文字は読めるし発音はできるので挨拶と自己紹介くらいはできる。
それに韓国料理は無茶苦茶すきだ(関係ないか、、、)

 故にとっかかりはゼロではないので根気さえ続けば、日常会話くらいはできるようになるんじゃないかとタカを括っている。
まあ年齢が年齢なので苦労するのは確実なのであるが中国語でさえ勉強を始めたのは34歳のときなので怖がる理由もない。
 幸い(というか確信犯的にだが)、以前日本で勉強していたときに初級の教科書は中国に持ち込んでいるので、当面は学習教材は何とかなりそうで独学で頑張ってみようかと思っている。韓流ドラマのDVDもたくさん売っており、そういう教材もたくさんある。
韓国語は発音に関しては中国語ほど面倒くさくないし、とりあえずニュアンスは掴んでいるのでそこで苦労はしない気がしている。単語は一つ一つ丁寧に覚えるしかないが幸いにも韓国語は中国語と日本語の中間のような存在でさらに英語などを語源とした外来語がたくさんあり、結構覚えやすい。
問題は文法だがよく言われるように語順が日本語に似ているので、ここを根気良くやれば会話にはなんとかなりそうな気がする。
まあ会話が成立するレベルに達するまで半年はかかりそうだが、会話の練習がしたければ、知り合いの朝鮮族の人や龍柏の韓国料理街など練習場所はたくさんあり、練習場所には事欠かないので上海は恵まれた環境である。
 とりあえずは足繁く韓国料理屋に通うことになりそうだが、あまりキムチ臭くなりすぎないようにだけ気をつけたい。




2009年02月01日 韓国料理食べ歩き 大醤湯でヘンボッケヨ PATIOさん
韓国料理のお店の味を図る料理のものさしとして、一つはキムチが代表的なものであるが、それともうひとつ欠かせない要素として有名なのが味噌である。
そういった意味で、日本人がラーメンをスープで図るように韓国料理も味噌を使ったチゲスープの良し悪しでその店の料理の良し悪しが分かる場合が多い。
 そういった意味で言えば、昨日お昼には伺った天山路のPATIOさんで食べた大醤湯(味噌チゲスープ)(28元)は心をぐっと捉えられてしまった会心の出来であった。
日本でいう赤味噌系の田舎味噌のようなコクのある香りで、これが非常に懐かしいような心地よさがあり、さらに口に入れても味わい深い。パ(葱)とカムジャ(ジャガイモ)とスンドゥブ(豆腐の)の絶妙なマッチングが素晴らしい。
 まあ人によってはこの味を洗練されておらず田舎臭い味などと評する御仁もあるやもしれないが、私にとってこの素朴さがとっても幸せだ。
 大げさな表現でなく長年韓国料理を食べ続けている私がここまで心を奪われたスープは初めてである。

 で、このスープを味わいながら、ある韓国ドラマの台詞を思い出した。それは邦題で「ランラン18歳」というドラマで主人公の夫になる男性が、主人公のつくった「味噌チゲが美味しかったから結婚してもいいかなと思った」という台詞。(中国語で見ていたのでアバウトな訳ですが)

 まあこんな台詞、ドラマを見ていたときはドラマ上の可愛い台詞だなと思っていたのだが、この日のスープを味わった途端に、その台詞のリアルさを実感してしまった。
 残念ながら今回食べたのは恋人が作ったスープでなく、単なる一介のお店で出たスープであるが、こんなスープを恋人に作られたらそれだけで結婚しようと思わせるほど気持ちにビビビッときてしまう気がする。
(あれ、そうすると私は韓国人と結婚するのか?今中国にいるんだが、、、汗)
とにもかくにもたった一杯のスープでこの日はヘンボッケヨ~(幸せだ~)の一日でした。是非皆さんもこの味をお試しあれ!

派特屋 PATIO 
天山路1111号虹橋天都4楼408号
(021)62286580

場所はここ


2009年01月15日 喫茶店風の韓国料理店「COTTAGE」さん
今日、会社の人に教えられて行ったのがこちらの「COTTAGE」さん。
私も何度もこの場所を通っているはずだが見逃していたのがこのお店である。
最近開店したばかりらしく、外観はとても綺麗だ。韓国料理のお店とは見えないような外観であり、白い壁とレンガ風の装飾が喫茶店のような印象を与える。しかしながら確かにハングル文字で看板が出ており韓国料理を提供するお店である。店内に入るとピンクや水色のパステルカラーを基調とした壁で、中国ではあまり見ないタイプのお洒落な内装である。
 ここは東華大学のすぐそばでどうやら大学生を主なターゲットとしてオープンしたようで、こんな雰囲気になったものと思われる。メニューもどのメニューも20元前後からと非常にリーズナブルである。当然石焼ビビンパやチゲスープなどの韓国料理のオリジナルメニューが並ぶが、今日は隣のテーブルで食べていたメニューがおいしそうだったので、私も同じ猪肉蓋飯(豚肉炒めライス:22元)を注文した。
 で出てきたのが写真の料理で結構ボリュームがある。
そして非常に辛い。韓国料理大好きの私ではあるがコチジャンのこれだけ効いた辛さ久しぶりのような気がする。でもうまい。
 ぱかぱかとあっという間に平らげてしまった。最後にコーヒーも出してもらって満足である。


片言の日本語のマスターの気遣いも大変うれしい。尋ねはしなかったが日本語ができるということは朝鮮族の可能性が高いかもしれない。
 まあ会社から遠くなく値段も高くないので、是非行きつけとしてキープしたいお店である。ただ大学生以外にとっては必ずしも便利な場所にあるとはいえなく、この店が経営的にうまくいって、ずーっとこの場所に存在することを切に願うばかりである。
(私が食べた猪肉蓋飯は下の写真。上は同僚が食べた海鮮炸醤面32元2人前)

COTTAGE
中山西路827号(延安西路口)
(021)62373827
場所は>ここ



2009年01月05日 韓国料理食べ歩き 「狗肉湯」久光8階の梨花園さん
お昼に静安寺付近を回ったので、今日は兼ねてから狙っていた久光百貨店さんの梨花園さんを訪れることにした。
 狙っていたのに何故訪れていなかったのかというと、久光百貨店全体が「高い」という固定観念があったため、地下の食堂街はともかく、階の上のほうのレストランは敷居が高い気がしてたからである。
 そうは言っても所詮韓国料理、ランチならべらぼうに高いこともあるめぇと、新年の縁起担ぎ(何の?)を兼ねて本日初挑戦とあいなった。
 さてさてお店の前のまで、行って値段を確かめるつもりでメニューをぱらぱらめくって(←まだちょっとびびってます)値段とメニューを確かめて、今日は何を食べようかなぁと見ていたら、何と見つけました「狗肉湯」(50元)!
 上海に来る前から結構好んで食べていたのに、最近韓国料理店でも取り扱う店が減ってきてちょっとがっかりし始めた矢先である。
 「おお、ここにはまだあった!」その瞬間に即決で入店した。(笑)
 服務員からメニューを渡される間もなく、即「「狗肉湯」コール。
でも「今日は無い」って言われたらどうしようとちょっとドキドキのコールだ。
中国人店員が「好的:(わかりました)」といってくれたので一安心。
 さてさてここの内装はいかにも韓国料理の店らしく、内装も韓国的な趣である。どこが何であれば韓国的な内装ということは不勉強な自分にとっては説明しずらいのだが、とにかく韓国的である。

、まず先に出てきたミッパンチャン(副菜)の量がこのお店は多く驚いた。9皿もあった。どうもこのミッパンチャンの数は店のグレードに比例している気がする。このお店はどれも美味しいし、無茶苦茶辛い唐辛子系が存在しなかったのもうれしい。
 でそれらをパクついているうちに、いよいよ主役の登場である。石鍋でぐつぐつ煮てあり、いかにも熱そうだ。しかも何か粒粒のようなものが沢山浮いている。
 あちこちで、いろんな韓国系のスープを食べてきたが、初めて見るタイプだ。
 これは胡麻だろうか?食べてみたが、胡麻かな?と思うだけで正確なところわからなかった。
 また一緒に来たご飯に不思議な黄色の穀物が入っていた。なんだかんだ、体によさそうなものが沢山入っている感じである。
 さて肝心の「狗肉湯」、狗肉はあっさりしていて癖が無く非常に食べやすかった。スープは熱々なのでさすがに冷まさなければ口に入れられないが、程よい辛さがとても美味である。具の量はそれほど多くないが、韮などの野菜が旨みをいっそう引き立てて不足は感じない。


「狗肉湯」はもともと体を温めるので冬によく好まれて食べられる料理で、韓国では「補身湯」「栄養湯」なとも呼ばれるようである。非常に栄養価が高く強壮料理でもあるので、風邪などで体調が弱っているときにはぴったりの料理だ。
 さてさて食べ終えてからだがポカポカになった。
 最後に甘い漢方薬のお茶のようなスジョンガも出てきた。このお店、さすが場所柄もあってサービス的に至れり尽くせりという感じで大満足である。
 今まで敷居の高かったこのお店だが。今回値段もわかって「狗肉湯」もあるので、近いうちまた来てしまいそうだ。
さてさて、体も温まったところでまた一年頑張りましょうかね。

梨花園(静安寺店)
南京西路1618号上海久光城市広場S809
021-6288-3655
お店の場所はここ



2008年12月02日 韓国料理食べ歩き 静安寺で「辣白菜湯」韓風さん
 最近韓国系のお店ばかりを回っているうちに気がついたのだが、市内の中心部、とりわけ静安寺地区には韓国料理のお店はあまり多くない。
この地区で知っているのは、他には久光さんの上にある1軒くらいしか知らない。どうしてなのかという分析は出来てないが、久光さんの上品な客層はどちらかというと庶民的な韓国料理は好まれないということか?
 その割には、この静安寺と、朝鮮・韓国系の人たちが住む龍柏新村を結ぶ57番のバスは本数も多いし、いつも人でいっぱいだ。彼らは食事は地元でということなのか?
 まあそういった分析はさておき、ようやく待望の韓国料理の新店が開店したようである。新たにオープンしたのは上海市内に何店舗も支店を構えるチェーン系の韓国料理店の「韓風」である。
 万航渡路沿いにあり、チマチョゴリを来たお姐さんに案内されて3階のレストランへ案内される。
 店内は比較的暗めだが、すっきりした今風のつくりになっている。当然のように各テーブルには焼肉のセットがあるが、強力な吸煙機がついているらしく、天井からの煙突はなく店内にも煙っぽさは全くない。


 さてさてメニューを見ると、焼肉が中心のようで、炒め物などのサイドメニューは多くなく、あとはビビンパなどが多少バリエーションであるだけで、大勢で料理をつつくというよりカップルや2~3人で食事を取るための店といった感じだ。
今回は一人で行ったので、焼肉はあきらめ、スープとご飯を食べることにした。
で注文したのが「辣白菜湯」(28元)。
 こういう汁物を頼むと韓国料理では白米ごはんは自動的についてくるのだが、通常は銀色の器に蓋をして出てくる。ところがこのお店の服務員は手を抜いたのか蓋無しで出てきた。
 味のほうはというと、結構辛味がきいていて非常においしかった。中には餅まで入っており、これが美味しい。最初はご飯と汁を分けて食べていたが、結局我慢しきれず、ご飯を汁の中に放り込みクッパ風にして食べた。日本では行儀悪いとされている行為も韓国料理では結構アリである。韓国でも本来は行儀が悪いらしいがよく見かける。
 一気に食べると体がほくほくになり汗が出てきた。寒い冬には持って来いの料理だ。


 このお店には韓国で見かける米のジュース(日本酒ではない!)があったのでそれも頼んでみた。식혜(シッケ)と呼ばれる。懐かしい味である。
こんな飲み物を出すところをみると、若い韓国系の人を狙っているというこの店のターゲットが見えてくる。確かに次はカップルで訪れてみたい、そんな店である。

韓風 静安店
万航渡路1-5号3楼3C室
021-6249-1058
お店の場所はここ


2008年10月22日 韓国料理食べ歩き 平壌妙香館でプルコギ定食
韓国料理と書きながら、北朝鮮の店だったりするのだが、同じ朝鮮半島ということでご勘弁願いたい。

このお店、ご存知の通り北朝鮮直営のお店として有名で、以前も訪れたときに気に入ったのでまた来ようと思っていたのだが、何故かオリンピック期間中は店を閉めていたので来ることができなかった。
 ただ、店の場所が家に帰る路上にあり、お店の女の子には良く会うのですっかり顔見知りになっていたので、オリンピック終了後にお店が再開していたことは彼女たちに聞いて知っていた。ただ、なかなかタイミングが合わず訪れるタイミングを見つけられずにいて前回から何ヶ月も空いてしまった。

 で、ようやく先日タイミングを見つけ再訪問してきた。
 この日はランチだったので一人で訪れてしまったが、昼というのに周りは4~5人以上の団体さんだらけである。ここで一人で食べるのはちょっとさびしいかもしれない。昼だと3割引になる券を外で配っていたりするので、夜のメニューを昼に食べるのであればちょっとお得だが残念ながらランチメニューには使えないず、通常メニューは一人にとっては多すぎるので、結局定食を選択せざるを得ない。


 まあこのお店、韓国料理的な刺激を求めていくと、料理の田舎っぽさにがっかりしてしまう面もあるのだが、その田舎っぽさが好きな自分にとっては好ましいバランスではある。
 この日食べたのはプルコギ(焼肉)定食(40元)である。
 写真のように、日本料理店の定食のような形でお盆にのって、ご飯と同じさらに肉がのって出てくる。肉はほどほどの味加減で、韓国料理の辛さはなくまあ特別褒めるほど美味しいというわけでもないのだが、まずいわけでもない。
 ただ、通常メニューに比べると若干迫力不足なところは否めない。
 やはりこのお店でお昼を食べるときは3割引券を使って大勢で通常メニューを食べるというのが正解のようである。
 ただ服務員たちの笑顔が、大事なこのお店の要素であるのでその点も含めて言うとこのランチ定食でも全然不満はない。気取らずリラックスして食べられるのがこの店の料理と雰囲気の良さである。

平壌妙香館
虹橋路1665号 洛城広場 021-6295-1355
場所はここ


2008年10月14日 韓国料理食べ歩き 華膳屋さんで炸醤面
最近忙しいのと、懐の都合と両方あって昼食は会社で配達弁当を食べていたのだが、今日は久しぶりにお昼の時間に外へ出たので、韓国料理屋でランチとなった。
今日入ったお店は東湖路沿いにある韓国料理屋。
かなり小奇麗な店構えで、欧米人などにも十分受け入れられそうな店構え。
でさっそく注文。メニューが昼夜兼用のため焼肉などのメニューが目立つが、昼からそんなに重いものは
食べられないので今日は炸醤面(20元)を注文。
ここの炸醤面は私が何度もここで書いているいわゆる韓国式の中華料理屋にある炸醤面である。
このお店の炸醤面は餡は黒いドロドロ系なのだが、面は中国の白面であった。
歯ごたえがなく、ちょっと物足りない感じではあったが、味としてはおいしかった。
 値段も安く味もまずまず合格点なので、韓国料理好きの私としてはとりあえず抑えておきたい一店ではある。
ただし、ここには私の好きな冷拌面がなかった点は覚えておきたい点である。



華膳屋(ハングルでは화선옥)
東湖路30号
021-5404-1235

お店の場所はここ



プロフィール

1971年千葉生まれ。大学時代は水戸で過ごす。
高校時代テレビで見た高泉淳子に影響され演劇の世界に踏み入れ、以後アマチュア劇団で舞台音響専門として過ごす。就職は一般企業にするものの、趣味が高じて休日にブライダルで音響活動を続け500組近くのカップルを見届けてしまう。
自身は無類のクラシック音楽好きで日本時代は年間120本以上のコンサートに通った時期もある。
 また旅好きでもあり、日本47都道府県はもとよりイギリス、フランス、スペインなど舞台を求めて世界を旅した。
 数年前一つの恋がきっかけで中国語を学び始め、上海に渡ってきた。
まったくの新天地で日々悪戦苦闘中。

音響さんのこだわり復刻版
上海ワルツ記事目次
エクスプロアブログ同窓会


GOOGLEでブログ内検索

ブログランキング・にほんブログ村へ



空港ドットインフォブログ浦東空港虹橋空港北京空港広州空港香港空港天津空港青島空港ハルビン空港すいすいビザ

コメント一覧


記事タイトル一覧

カテゴリ一覧


RSS 1.0My Yahoo!に追加




上海すいすいビザ代行][空港ドットインフォ][上海の天気][音響さんのこだわり][上海ガイドブック手帳][日中地域交流会
[上海浦東国際空港][北京首都国際空港][天津濱海国際空港][広州白雲国際空港][上海虹橋国際空港][青島流亭国際空港]
Copyright(C) since 2007 カランドリエドゥモンド
h_12