TOP > BLOG > 上海ワルツNEW

上海ワルツNEW


2008年11月08日 原油下落で日本帰省は年明けまで待つほうがお得?
いま原油価格が急激に値下がりしてて、先週1バレル65USドルを割り込んだ。
八月に140USドルを超える価格を示していたことを考えれば、あっというまに半値以下に落ち込んだことになる。
これにともなって、各航空会社のサーチャージ算定の基礎となっているシンガポールケロシン市場も暴落し、10月末の値で1バレル82USドル台まで下がっている。
 これにより、各航空会社のサーチャージが下がることが期待される。
 たとえばJALの規定を例に取ると、日本ー中国線で現在1区間10500円、つまり往復で21000円となっている。
これが、来年1月からは8月~10月の3ヶ月間のシンガポールケロシン市場の平均額を基準に金額が決まるとなっていて この間の平均はざっと手元で計算したところ約115USドルとなる。
 従って、JALの提供する表に従えば日本-中国線で1区間6000円、往復で12000円まで値下がりすることになっていて、現行と9000円もの差が生まれる。非常に大幅な値下がりということになる。
 

 ただし、これは1月1日以降に発券されたものに適用される価格となっていて、同じ1月の搭乗便でも12月中に発券されたものであれば12月のサーチャージ基準が適用されてしまうので注意が必要だ。
 このような状況を考えると、年末に日本には帰らずに1月になってから航空券を買って、ゆっくり日本に帰るのがお得ということらしい。
 ただ、航空券本体の価格のほうは一定でなく常に変動しているので、航空会社のほうが値下がり待ちの客を嫌って、年末にとんでもない安値の航空券を出したり、年明けに航空券本体価格を上昇させたりして、年越しを挟んで思ったほどは、大幅にトータル金額が変動するような状況にはならないのではと予測している。
 そうはいっても年明けのサーチャージの値下がりは確実で、来年1月の終わりには春節休みもあり、航空券価格の大幅な値下がりに大いに期待するところではある。






関連ページ交通関連情報






上海すいすいビザ代行

☆ジャンル別リスト
音楽言葉映画ビジネス政治経済国際社会地下鉄航空・空港茨城空港高速鉄道(新幹線)列車バス旅行上海生活買い物レストラン中国ウォッチスポーツ観戦東京オリンピック中国ビザ・居留滞在手続きインターネット・PC・スマホ健康中国の医療不安

◎その他の全リスト その01-その02-その03-その04-その05-その06-その07-その08-その09-その10-その11-その12-その13






プロフィール

1971年千葉生まれ。大学時代は水戸で過ごす。
高校時代テレビで見た高泉淳子に影響され演劇の世界に踏み入れ、以後アマチュア劇団で舞台音響専門として過ごす。就職は一般企業にするものの、趣味が高じて休日にブライダルで音響活動を続け500組近くのカップルを見届けてしまう。
自身は無類のクラシック音楽好きで日本時代は年間120本以上のコンサートに通った時期もある。
 また旅好きでもあり、日本47都道府県はもとよりイギリス、フランス、スペインなど舞台を求めて世界を旅した。
 数年前一つの恋がきっかけで中国語を学び始め、上海に渡ってきた。
まったくの新天地で日々悪戦苦闘中。

音響さんのこだわり復刻版
上海ワルツ記事目次
エクスプロアブログ同窓会


GOOGLEでブログ内検索

ブログランキング・にほんブログ村へ



空港ドットインフォブログ浦東空港虹橋空港北京空港広州空港香港空港天津空港青島空港ハルビン空港すいすいビザ

カテゴリ一覧


RSS 1.0My Yahoo!に追加




上海すいすいビザ代行][空港ドットインフォ][上海の天気][音響さんのこだわり][上海ガイドブック手帳][日中地域交流会
[上海浦東国際空港][北京首都国際空港][天津濱海国際空港][広州白雲国際空港][上海虹橋国際空港][青島流亭国際空港]
Copyright(C) since 2007 カランドリエドゥモンド
h_12