TOP > blog > 上海ワルツNEW

上海ワルツNEW



2008年08月01日 北京のお土産「鴨の手羽の味噌漬け」美味い?まずい?


 仕事での出張ではあるがやはりお土産は何か買わなくてはないと思い、市内でいろいろと意識しつつ探してはいた。が、なかなかお店らしきお店にも出会わず、結局は高いとは知りつつも定番の空港で購入となってしまった。
 お土産屋にはそれなりに色々なものがあったのだが、持ち帰る相手が同じ中国の上海の人間であるため、なるべく北京名物をと思ったのだが、その肝心な北京名物が何かということがまず分からなかった。

 お土産屋には北京ダックもあったがそれなりに値が張り、ちょっと今回は予算がない。何か適当なものはないかと物色していたところ、北京特産と描かれた写真の鴨の手羽の味噌漬けというもが目に入った。値段も一個20元で手ごろである。


 お土産モノの常であるが、試食できる機会は非常に少ないので、偉そうに買って帰る割には、渡す本人はこの商品が美味いのか不味いのか分からないまま相手に渡す。今回も例に漏れず味を確かめず渡すことになった。
 こうやって考えてみるとお土産屋なんて結構大胆な商売のような気がする。味も確かめさせず買って帰らせるのだから。
 今回渡したお土産の感想は聞いていないので実際に美味しいかったどうかはわからない。美味しいことを天に祈るだけである。






■コメント



上海すいすいビザ代行

☆ジャンル別リスト
音楽言葉映画ビジネス政治経済国際社会地下鉄航空・空港茨城空港高速鉄道(新幹線)列車バス旅行上海生活買い物レストラン中国ウォッチスポーツ観戦東京オリンピック中国ビザ・居留滞在手続きインターネット・PC・スマホ健康中国の医療不安

◎その他の全リスト その01-その02-その03-その04-その05-その06-その07-その08-その09-その10-その11-その12-その13





<<7月 2014年8月 9月>>





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31






プロフィール

1971年千葉生まれ。大学時代は水戸で過ごす。
高校時代テレビで見た高泉淳子に影響され演劇の世界に踏み入れ、以後アマチュア劇団で舞台音響専門として過ごす。就職は一般企業にするものの、趣味が高じて休日にブライダルで音響活動を続け500組近くのカップルを見届けてしまう。
自身は無類のクラシック音楽好きで日本時代は年間120本以上のコンサートに通った時期もある。
 また旅好きでもあり、日本47都道府県はもとよりイギリス、フランス、スペインなど舞台を求めて世界を旅した。
 数年前一つの恋がきっかけで中国語を学び始め、上海に渡ってきた。
まったくの新天地で営業職に日々悪戦苦闘中。


GOOGLEでブログ内検索

ブログランキング・にほんブログ村へ





コメント一覧


記事タイトル一覧


カテゴリ一覧


RSS 1.0My Yahoo!に追加


管理ページ


h_12