TOP > BLOG > 上海ワルツNEW

上海ワルツNEW


2008年05月06日 貴州で日韓ワールドカップ?
 先日、中国のテレビのチャンネルを何気なくまわしていたら、貴州のテレビ局が流している貴州の観光プロモーションのような映像のバックに
聞き覚えのある音楽が耳に飛び込んできた。

 そう、2002年の日韓ワールドカップの時に、ヴァンゲリスが作曲したあのテーマ曲「アンセム(賛歌)」である。
 ヴァンゲリスはギリシャ生まれの作曲家ながら、韓国の太鼓のリズムと日本の琴の音をうまく融合させ、あの両国の文化をうまく繋げたテーマ曲を作ったものだと高く評価している。
 彼は「炎のランナー」や「南極物語」などシンセ作曲の第一人者で、この曲もサッカーのテーマ曲らしく勢いがあり、しかもオリエンタルな匂いを失わない、ある意味21世紀の名曲のひとつであるような気がする。


 そんな曲が何故?貴州のプロモーションビデオの中に?
これ、使用許可は取ってあるのだろうか?と、中国のご当地の著作権感覚への心配から、まずそこが不安になった。
まあテレビ局もこの国では国家機関であるからそのあたりの問題がクリアになっていないことはないだろうと私は信じたい。
ただ、よしんばこれが許可を取ってあるものだとしても、選曲のセンスには閉口する。

 確かにあの曲は勢いのあって格好いい曲であるが、そこに歌われているのはあくまでも日本と韓国の文化である。
とても貴州のイメージがあるとは言い難い。当時、ワールドカップには中国も出場していたはずなので中国でも放送は当然流れただろうから、あのテーマ曲も流れていたに違いない。にも関わらず、この音楽の使用をするというのは、全くもって音楽センスがないと言わざるを得ない。
確かに表面上のかっこよさだけを繕って、音楽に含まれる文化を見ないというのはこの国の文化そのものではるが、それにしてもである。

違和感のある音楽の向こうに見えた貴州の映像はとても素晴らしい文化を持っているように見えただけにこの選曲はとても残念である。







上海すいすいビザ代行

☆ジャンル別リスト
音楽言葉映画ビジネス政治経済国際社会地下鉄航空・空港茨城空港高速鉄道(新幹線)列車バス旅行上海生活買い物レストラン中国ウォッチスポーツ観戦東京オリンピック中国ビザ・居留滞在手続きインターネット・PC・スマホ健康中国の医療不安

◎その他の全リスト その01-その02-その03-その04-その05-その06-その07-その08-その09-その10-その11-その12-その13






プロフィール

1971年千葉生まれ。大学時代は水戸で過ごす。
高校時代テレビで見た高泉淳子に影響され演劇の世界に踏み入れ、以後アマチュア劇団で舞台音響専門として過ごす。就職は一般企業にするものの、趣味が高じて休日にブライダルで音響活動を続け500組近くのカップルを見届けてしまう。
自身は無類のクラシック音楽好きで日本時代は年間120本以上のコンサートに通った時期もある。
 また旅好きでもあり、日本47都道府県はもとよりイギリス、フランス、スペインなど舞台を求めて世界を旅した。
 数年前一つの恋がきっかけで中国語を学び始め、上海に渡ってきた。
まったくの新天地で日々悪戦苦闘中。

音響さんのこだわり復刻版
上海ワルツ記事目次
エクスプロアブログ同窓会


GOOGLEでブログ内検索

ブログランキング・にほんブログ村へ



空港ドットインフォブログ浦東空港虹橋空港北京空港広州空港香港空港天津空港青島空港ハルビン空港すいすいビザ

カテゴリ一覧


RSS 1.0My Yahoo!に追加




上海すいすいビザ代行][空港ドットインフォ][上海の天気][音響さんのこだわり][上海ガイドブック手帳][日中地域交流会
[上海浦東国際空港][北京首都国際空港][天津濱海国際空港][広州白雲国際空港][上海虹橋国際空港][青島流亭国際空港]
Copyright(C) since 2007 カランドリエドゥモンド
h_12