TOP > BLOG > 上海ワルツNEW

上海ワルツNEW


2013年07月25日 アメリカの弱み
 先日から日韓関係の問題について何回か集中してブログに書いているが、偶然にもアメリカカリフォルニア州グレンデール市での慰安婦像設置を巡って、その公聴会で日系人らが猛抗議をしたとのニュースが入ってきた。

 報道によると、州議会でも「平和の象徴の像」として設置したいとのことで、設置を承認したとしているが、それに対して日系人らが歴史の捏造などと猛抗議をしたのだというのだ。

 で、これを推進してきたのが韓国系アメリカ人の団体だとしている。

 まあ移民していった人たちが母国の意見を支持するのは普通の反応なので、そのままスルーしそうになったのだが、ニュースを何回か読み返しているうちに一つの事が気になった?

 「韓国系アメリカ人?」

 はて、どういう経緯でかの韓国人たちはアメリカに行くことになったのだろうかと、そのルーツが気になったのである。

 ここ何回か書いているように、日本からの解放以降80年代まで、韓国では一貫して米軍相手の慰安所が設置され、公娼私娼あわせて100万人もの女性が米軍兵士の相手をしたとされる。

 で当然その中には実際に結婚に結びついたり子供が生まれたようなケースも少なくないわけで、その後の消息について詳しい資料も手元に無いが、米軍兵士とともにアメリカに渡った女性も少なくないと思われる。

 しかし、韓国からアメリカに渡った韓国女性は恐らく現地で非常に強烈な蔑視を受けることになった気がする。


 韓国の慰安所の存在は、アメリカ市民社会全体はともかく、少なくとも米軍の中では公然の秘密で知れ渡っていたであろうし、そういった兵士が韓国から連れてきた女性が元々どういう存在だったかは、周りからは容易に想像が付いただろうに思うのである。

 もちろん、そうでない正当な留学や移民などの方法でアメリカに渡った人だって少なくないと思うが、そういう人たちも含めてその女性たちや子供たちのルーツに疑いの目が向けられ、差別されていたであろう状況は想像に難くないのである。

 つまりまあ、あまり憶測で物を言うのはよろしくないが、今回カリフォルニアで慰安婦像を推進してきた韓国系アメリカ人の団体と言うのは、その実際のルーツはともかく、差別を受けてきた人々が中心であろうと思われ、彼女らが自らのルーツへのエクスキューズとして日本の慰安婦問題を前面に出して、自分たちの存在を正当化しようとしているような気がする。

 そうでなければ、幾ら日韓関係が悪い時期とはいえ、外国であるアメリカにあんな像を建てる意味が無いからである。

 そして当のアメリカにも韓国の慰安所の役割を押し付けてきた弱みはあり、それが社会に大きく明るみになれば当然非難を受けるのは米軍であり連邦政府であるから、それが足かせとなって韓国系団体の行動を容認せざるを得ない状況になっているのと思われる。

 寧ろ最近の韓国本国での慰安婦問題の再加熱も実はアメリカが発信基地ではないかという気がさえするのである。

 まあ彼らが差別を受けているなら同情はする面はあるが、それを正当化するために煽情的な情報操作をするのは是非止めて欲しいと思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ←クリック


←クリック




それをいうと、
投稿者:武田 2013年07月26日 投稿番号:54583

日本人向けの蔑称である、ジャップやパンパン、パン助なども同等の響きということになりますね。日本ではすっかり死語ですけど。

実際の
投稿者:上海ワルツ 2013年07月26日 投稿番号:54582

アメリカにいる韓国系の人たちのルーツや血筋の系譜については、全て憶測なので、実際は慰安婦に関係あった人たちはほとんどいなかった可能性もありますね。
 ただこういう憶測を生む素地があるのは確かである事と、韓国と言う国が米軍男性兵にとって慰安所がある場所だってことは、軍内で知られているはずであり、現在の何の言われのない人たちに対する「あいつはコリアンだ」という言葉そのものが現在も蔑視の意味を含んでいる可能性はあるかなと思います。

韓国系アメリカ人
投稿者:武田 2013年07月26日 投稿番号:54566

「もちろん、そうでない正当な留学や移民などの方法でアメリカに渡った人だって少なくないと・・・」

文章のニュアンスだと、韓国系アメリカ人のかなりの数が慰安婦の子孫みたいな書き方ですが、事実は正反対のようです。

ウィキペディアで確認してください。

そもそも、慰安婦やそれに近い女性と正式に結婚して米国に連れて帰る軍人も少ないと思います。また、正式に結婚した場合、奥さんはその代で終わりますから、残るのはハーフの米国人ということになります。

黒人に関してワンドロップルールなるものがあって、一滴でも黒人の血が入っていたら黒人とみなすというルールが古くからあるそうですが、韓国人の場合はどうでしょうか。米国の軍人と正式に結婚して生まれたこともであれば、わざわざ韓国系米国人のグループに入るようなことはあまりないと考えられます。

あるとしたら、慰安婦の子供として生まれた韓国人が韓国内でそのようにみなされるのを嫌って、新天地である米国に行くために、移民グループに加わったということですが、憶測の域を超えません。

いずれにせよ、韓国系米国人が慰安婦をルーツにもつというような目でみられたということは、ないのではないでしょうか。




上海すいすいビザ代行

☆ジャンル別リスト
音楽言葉映画ビジネス政治経済国際社会地下鉄航空・空港茨城空港高速鉄道(新幹線)列車バス旅行上海生活買い物レストラン中国ウォッチスポーツ観戦東京オリンピック中国ビザ・居留滞在手続きインターネット・PC・スマホ健康中国の医療不安

◎その他の全リスト その01-その02-その03-その04-その05-その06-その07-その08-その09-その10-その11-その12-その13






プロフィール

1971年千葉生まれ。大学時代は水戸で過ごす。
高校時代テレビで見た高泉淳子に影響され演劇の世界に踏み入れ、以後アマチュア劇団で舞台音響専門として過ごす。就職は一般企業にするものの、趣味が高じて休日にブライダルで音響活動を続け500組近くのカップルを見届けてしまう。
自身は無類のクラシック音楽好きで日本時代は年間120本以上のコンサートに通った時期もある。
 また旅好きでもあり、日本47都道府県はもとよりイギリス、フランス、スペインなど舞台を求めて世界を旅した。
 数年前一つの恋がきっかけで中国語を学び始め、上海に渡ってきた。
まったくの新天地で日々悪戦苦闘中。

音響さんのこだわり復刻版
上海ワルツ記事目次
エクスプロアブログ同窓会


GOOGLEでブログ内検索

ブログランキング・にほんブログ村へ



空港ドットインフォブログ浦東空港虹橋空港北京空港広州空港香港空港天津空港青島空港ハルビン空港すいすいビザ

カテゴリ一覧


RSS 1.0My Yahoo!に追加




上海すいすいビザ代行][空港ドットインフォ][上海の天気][音響さんのこだわり][上海ガイドブック手帳][日中地域交流会
[上海浦東国際空港][北京首都国際空港][天津濱海国際空港][広州白雲国際空港][上海虹橋国際空港][青島流亭国際空港]
Copyright(C) since 2007 カランドリエドゥモンド
h_12