Tag Archives: 浙江省

船の進水式は未完成のまま実施する

 先々月のことになってしまったが、縁あって中国に進出している日系の造船会社を訪問させてもらった。
 実は私は日本にいるときは造船に関連する会社にいたのだが、造船とは関係ない部門だったので、造船の現場を見たことがなかった。

 で、今回初めて造船の現場を見学させてもらい、船のパーツの製造工程から組み立て現場までを見させてもらったのだが、その時の説明で今までの認識を覆させられる話があったのである。

海側から造船所を望む

海側から造船所を望む

 それは船の進水式の時点では船は完成していないということである。

 以前テレビなどで大型船の進水式の様子をちらっとみたことがあるが、その時は船体が組み立てドッグから滑るように水の中に入っていった姿が映し出されていた。
 そして、その傍では船の発注主であろう人が立ち合い、仰々しくイベント化された儀式が行われており、それを見て私はてっきり進水式=船の引き渡しだと思っていたのである。
 
 ところがである。

 今回の造船所の話によると私のその認識は間違っていたようで、進水式はあくまで水に初めて浮かべるタイミングでしかなく、船の完成や引き渡しではないとのこと。

 船はこの進水式を経た後、水上で艦橋設置や内装などの作業を行いその終了をもって完成となり引き渡しとなるとの話だった。
 つまり船の完成や引き渡しは進水式より随分あとになるようなのだ。

 実際ウィキペディアなどで調べても、船の命名式こそ進水式と同時にやるようだが、やはり進水式後に水上で内装工事などをやるのは事実らしく、当たり前のことだが造船会社の方の言ってたことは正しいようである。
 
 しかし、この進水式の事実を知った途端、どうして敢えて不安定な水上で作業を行うのかという疑問が湧いた。

 この件についてその場で先方に尋ねたところ、ドッグを早く空けて次の船の製造に取り掛かるためだとの答えが返ってきた。

 おおそういうことだったのか!

 この答えを聞いてようやく、進水式=完成とならない理由が腑に落ちた。

 造船というあれだけ大きいプロジェクトになると、何が効率的なのかは私のような素人にはわからなかったが、ドッグという希少な設備を効率よく運用してコストダウンに繋げているということのようなのである。

 もちろんこんなことは今の造船業界では常識であるに違いないが、門外の私にとっては初めて知った事実である。

 まあ理由を聞いてしまえば当たり前のこの進水式の実態であるが、いままで進水式=船の引き渡しと思い込んでいた私にとってはまさに目から鱗の話であった。

 まだまだ世の中には私の知らないことが沢山あるなと感じた今回の造船所見学であった。

岡田監督の杭州緑城チームが苦戦中

 去年だかに日本のサッカーの岡田元代表監督が浙江省杭州のクラブチームの監督に就任したというニュースを見たと思うが、その後実際どうなったのか今日突然気になった。

 就任以降、日本語ソースも中国語ソースもとんと情報を見ていなかったが、どうやら調べてみると中国のスーパーリーグは開幕していて、既に7試合ほど消化した状態らしい。

 で、戦績はというと彼の杭州緑城チームは今日4月26日現在で1勝4敗2分けで16チーム中の最下位16位という位置に沈んでいるらしい。

 得点も7試合で3点だけと、かなり寂しい状態で当然2点以上とった試合が1回もないような状態のようだ。

 まあ元日本代表監督として鳴り物入りで入ってきた割には成績としてはまだ実績らしいものはなく現状としてはとても寂しい状態に見える。

写真はイメージ

写真はイメージ

 しかしである。

 彼の動向を詳しくチェックしている日本語サイトなどを見ると、成績はともかく周囲からの評判はそれほど悪くないらしい。

 というかどうやら評価が高いようなのだ。

 例えば就任早々に、コネ入団などなぁなぁで在籍していたような選手のクビをすぐに切ってヤル気のあるユース選手と入れかえたり、チームプレーをしない外人選手を外したり、とにかくプロたるは何たるかを一生懸命叩き込んでいるようで、そのしがらみに縛られない動きの良さが評価されている。

 故に成績を求めること自体はこれからということになるようだが、オーナーさえ短気にならなければ、現状の動きを見ている限りでは数年後にはいいチームになる可能性はありそうである。

 とはいえ、彼も中国に来た日本人の例にもれず我々同様に中国人という異文化星人には苦労しているようで、試合中に控え選手が電子ゲームで遊ぶといった子供のような中国人選手たちには日々手を焼いているらしい。

 まあただそういう姿も、W杯の出場国監督として世界の舞台を経験してきた彼が、また改めてゼロに近い状態からスタートして頑張っている証しなわけで、その姿は外から見ていて面白い。

 日本代表監督時代、W杯直前のあまりにもふがいない姿に私も彼を叩いたこともあったが、今は新天地で何もない状態からスタートできる彼が羨ましくもある。

 明日もACL常連の大連実徳チームとの対戦があり、まあ今の現状からいくと勝つのは難しそうだが、焦らず数年後の活躍を目指した本当のプロといえるチームを作って欲しいものである。

原文

詰まらない「印象西湖」

先日ある機会あって、映画監督のチャンイーモー演出だという杭州の西湖で行われる「印象西湖」を見た。

 個人的には北京オリンピックの開幕式以来すっかり嫌いになってしまったチャンイーモー監督だが、今回は見なければならない状況の流れと、見ずして批評するのもまた流儀に反するので見ることにした。

 さて、まあ見た感想とはいうとやはり期待に反せず詰まらなかったというのが正直なところ。
 あのライティングが美しいという人も世の中にはいるが、私から言わせれば彼は舞台に関しては完全に素人の照明家である。
 映画ではシーンを細かくカットしていき、アップもロングも自由自在だからライティングの美しさを多少表現できるのかもしれないが、ライブの舞台ではそうはいかない。

 本来はライブの空間では観客との距離を十二分に意識した舞台側のエリア構成や、アクティングエリアの構成が行われるべきなのだが、この印象西湖は観客と舞台の大きさのバランスがまるで考慮されず、表現される映像と観客の距離感がまるでぐちゃぐちゃなのだ。

 ただ単にSS(サイドスポット)やピンなどを面白がって使って人物やものを浮かび上がらせているだけで、あれでモノを美しくみせているつもりなのかもしれないが、ほとんど素人照明家のバカの一つ覚え的な灯りの使い方しかできていない。

印象西湖

印象西湖

 さらにこの印象西湖を詰まらなくしているのが、有るのか無いのかわからないストーリーが、全く伝わってこないということだ。

 恐らく西湖に伝わる有名な古事記の一つを表現しているはずなのだが上述のスペースの使い方のダメダメさ加減が、ストーリーを伝える以前の問題にしてしまっている。

 故に映像やストーリーに引き込まれもしなければ、見終わったあとに何も残らなかったというのが正直な感想である。
 ただの素人照明家の詰まらない照明表現を見せられたという感想しか残らない。

 無論この演出に何も感じていなかったのは決して私だけではなかった。

 それが証拠に終演後、大きな拍手もなく詰まらなそうにダラダラと帰っていく中国人団体客の姿があり、それが非常に印象に残った。まさかそういった意味での「印象西湖」ではあるまい。
 こんな演出にお金を払って時間を消費したツアー団体の参加者が非常に気の毒に映る。

 まあこの「印象西湖」には多くの若者がエキストラで参加しており、彼らに仕事を与えるための一つの観光産業として興されたのがこの「印象西湖」なのかもしれないが、そういった目的があるなら、もう少しマシな出し物があってもいいのでは?そこまで感じざるを得ないこの「印象西湖」である。

 舞台と映画の違いも分からない素人にネームバリューだけでよっかかる時代はもう時代遅れで、せめて上海馬戯場あたりで頑張っている演出家あたりに協力を依頼してリニューアルをするのが今後の杭州の観光にとって良い選択だと私は思う。

国産にこだわったため人気が落ちたキリン生茶

今日は紹興のお茶工場に見学に行った。

そこで茶に関する各種いろんな専門話を聞いたのだが、その中で一番興味深かったのが日本のキリン生茶の話。

 この商品の発売当初は中国産の茶葉も使っていたが、数年前から中国産食品に対するイメージが極度に落ちたため、茶飲料に使われる茶葉も例外ではおれず、国産茶葉100%に切り替えたのだが、そのために従来の味が保てず人気がなくなったとのこと。

 そういえば日本のこのキリン生茶、私も発売当初は非常においしく感じ好んで飲んでいたが、最近、、、といってもしばらく前ではあるが、生茶を飲んでもそれほど香ばしさを感じず、渋みだけが目立ち、以前ほどおいしくないなと感じた印象のときがあった。

 これは単に自分の思考の変化や慣れの問題だと当時は感じていたが、今になって現実に途中に茶葉の切り替えがあったのだと聞くと納得するものがある。

中国茶葉の袋

中国茶葉の袋

 まあ当時の日本人の中国食品に対する嫌悪感や警戒感はすさまじいものがあり、(もちろん今も決して安心できる状況とはいえないが)その影響で本来なんの品質の落ち度は無かったであろうこの中国茶葉にまで風評被害が及び、国産茶葉100%にこだわらざるを得なかったことはある意味しかたないことだとは思う。

 しかし、これによって味を保ち切れなくなったメーカー側の開発者の心境を察すると、結構気の毒なものがある。

 これは形としては風評被害を事前に回避したケースであるが、その後実際に売り上げが落ちたとなるとこれも結果として風評被害の一種と言えるのではないだろうか。

 まあ震災後、福島原発の影響で風評被害のニュースは絶えないが、今回のキリン生茶のケースのように、直接表面に出ない形での風評被害も実は世の中にたくさんあるのではないか、そう感じた今回のキリン生茶の話であった。

西塘の風景

古鎮「西塘」へ印中日の3人珍道中

春節の前日、つまり中国でいう大晦日の日に友達に誘われて浙江省の古鎮西塘に行ってきた。
日本人の自分と中国人1人、インド人1人の奇妙な取り合わせで行ったのだが思いのほか楽しい日帰り観光となった。

西塘の水上船

西塘の水上船

西塘は浙江省といっても上海市との境界にあり、境界を越えたすぐ先にあるといった感じで、有名な朱家角などに比べ距離的にそんなに遠いわけではないのだが、浙江省に在るというだけで遠い印象があり、知名度は朱家角ほど高くなく観光客数も多くはないようだ。

上海から西塘に行くには本来ならば上海南駅から鉄道で嘉善駅まで行くのが安上がりなのだが、この日は春節の帰郷の混雑もあって、近距離の列車の切符は売ってもらえず、バスで向かうことになった。
バスの運賃が意外と高く一人30元であった。この日は年末サービスということで西塘までダイレクトに運んでもらえたのだが従来は嘉善のバス駅で西塘行きのバスに乗り換える必要がある。

西塘の観光案内図

西塘の観光案内図

西塘は古鎮としては規模がそれほど大きいわけではないのだが、その分観光地ナイズされていないというか素朴さが残った空間となっている。
この日は入場料が無料でラッキィだったのだが、その分内部の店舗もほとんど営業しておらずわずかに売店と食堂が何店舗かオープンするのみだった。
まあいろんなお店のウォッチングが出来ないのは残念だったが、静かな水郷風景を堪能することができた。

西塘のゲートは開放されていた

西塘のゲートは開放されていた

まあ寒い冬の日の観光が向いているのかといえば、そうでもない気がするがレストランの内部に雪の日の写真が飾ってあったように四季折々の風景を楽しむのもよい場所である。

西塘の路地

西塘の路地の店は休みだった。

全体を回っても2~3時間で十分回れる。
ただ、こんな場所なので慌てて回って帰るだけというのも勿体無く、たくさんある客桟に宿をとって数日、ここでのんびりすごすのも悪くない。

西塘の民家の屋根の瓦

西塘の民家の屋根の瓦

ところで、この日は大晦日とあってバスが午後にはなくなってしまうというハプニングがあった。
帰れないのではと焦ったが、タクシーには足元を見られて本来なら30元のところを3人で60元とぼったくられながらも、何とかタクシーで嘉善駅まで向かった。

嘉善バス駅へ行くと、バス乗り場は17時にもかかわらず既に閉まっていた。

バス駅前にたむろしていた白タク連中に上海までの価格を聞くと400元だとべらぼうな金額を吹っかけられ、払えない金額ではないが高すぎるので、一縷の望みを託して鉄道駅へ行った。
列車は3時間待たなければなかったが、切符は一人13元だった。白タクにボッタくられるよりは余程マシなので、その切符を買い、3時間だらだら待ちながらなんとか鉄道で帰った。

普段は何時まで帰りの足が有るのか、きちんと調べないといけないなと思いつつとりあえず年末の楽しい観光を楽しんできた一日であった。

西塘の水辺の地元民

西塘の水辺の地元民