Tag Archives: ご飯

元力士が作った「おにぎりや」

 昨日、元力士が作った「おにぎりや」が出来たと聞いたので伺ってきた。
 まあ元力士といっても、昨年まで「照ノ谷」というお店を開いていたあの方であり、日本から新たに乗り込んできた方ではない。

 で、お店の場所は南京西路698号3階の最近出来たばかりのフードコートの一角。

 フードコートとしてはややこじんまりしている空間だが、近くにオフィスビルや上海テレビなどがあることあり昼時は結構混み合うようだ。
 ただ訪れた時は夜であり、アルコールなどを提供しないお店であるため人は疎らだった。

 早速「唐揚げとおにぎり定食」を頼み、出てきたのが下記の写真。

おにぎり唐揚げ定食

おにぎり唐揚げ定食

 大ぶりのおにぎり一個と唐揚げ(サラダ付き)、味噌汁、冷奴、卵焼き、きんぴら、漬物の組み合わせ。
 おにぎりは鮭、キノコ、海老などの中から選べるとのこと。
 これで通常は45元だが、今のところオープン特価ということでなんと30元ということのようである。

 尤も親方に伺ったところ、まだおにぎりの種類や使う米、また組み合わせるメニューの内容や器なども含めて現時点では全てが手探り状態であり、当面は流動的に縁化していく可能性が高いとのこと。
 つまり現時点では完成形ではないとのことらしい。

 で、実際食してみたところ、唐揚げは長年のお店を切り盛りしてきた親方の味ということもあって当然の如く非常においしい。
 で、おにぎりはこちらも味としては美味しかったが、どうも米の粘り気不足でポロポロしてしまうといった印象であり、この辺りが今現在試行錯誤中ということのようだ。

おにぎりや

おにぎりや

 そのほか、味噌汁と漬物は普通に日本料理屋の味で、やや雑然としたフードコートの一角で食べるにはちょっと贅沢すぎるくらいな印象である。
 で、おにぎり一個だとちょっと物足りなかったので、さらに2つを追加して食べた。

おにぎり

追加のおにぎり

 こちらも美味しいがやはりちょっとポロポロする。
 完食してみて、確かに美味しくお腹いっぱいになったが、もうしばらくは親方の試行錯誤を待つ必要がありそうなこのおにぎりやの誕生である。
 数か月後の成長に請うご期待といったところである。


ちょっと豪華な吉野家の鉄板牛肉定食~今日のランチ

今日のお昼は久々に吉野家に入った。

 そこで見つけたのがこの鉄板牛肉定食。

 上海の吉野家というと牛丼以外はそれほどパッとしたメニューがないので、1年以上入店してこなかったのだが、たまたま店頭でこのメニューを見かけて写真の牛肉が美味しそうだったので、入店して食べて見ることにした。

 値段は32元で、ランチとしてはナンチャッテ日本料理屋のお昼とあまり変わらないレベルかもしれないが、吉野家のメニューとしてはやや贅沢な部類に入る。

 さて、出てきたのが写真の料理である。

上海吉野家の鉄板牛肉定食

上海吉野家の鉄板牛肉定食

 このセット、牛肉ばかりに目が行っていたが、タケノコの煮物に小松菜、卵焼きなどが付いていて意外と贅沢である。 

 こういう付け合せの細かさがさすが日本発の外食チェーンだという気がする。

 そして真ん中に鎮座するサラダはパックに入ってきて出てきて、細かくはチェックしなかったが、恐らく上海のファミリーマートで販売されているものと同じ内容で、写真のようにキューピーのドレッシングパックが附属している。

 でメインの牛肉は、味としてはまあまあであったが、やや量が少ないかなと感じる面もあり、何よりあまり温かくなかったのが残念だった。

 この値段なので出来立てを出せとは言わないが、もう少し温かくても良いだろうに感じた。

 その代り、伝統の吉野家味噌汁は熱々で、相も変わらず永谷園のあさげ?と思しき粉インスタントみそ汁である。

 そして、ご飯はまあそこらへんのローカル食堂よりは全然美味であり、さすが日系かなという気がする。

 トータルとして、伝統の味噌汁はともかくとして、3品の付け合せが気に入ったこの定食で、あとは肉さえ温かくしてくれればと思った今日のランチだった。 

健康のために納豆は加熱しちゃいけない

 中国で売っている納豆は、最近は現地生産のものもあるがやはり風味の点でイマイチで、今の時点では日本で生産されているものにはとてもかなわないという気がしている。

 そういう需要もあってか、日本から冷凍の納豆が沢山輸入されてきており、日本人が多く住むエリアの百貨店などでは輸入の冷凍納豆が売られている。

 まあ冷凍をしてしまうと日本のスーパーで買うよりはやや風味は落ちるが、現地生産品の物よりはやはり数段ウマいのである。

納豆ぶっかけ蕎麦

納豆ぶっかけ蕎麦

 そして冷凍納豆の場合は冷凍庫に入れておけばかなり長期間鮮度を保つことが出来るので、一か月くらい保存していても何の問題もなく食べられる。

 ただ、冷凍であるからには買ってから食べるまでには「解凍」と言う手順を経なくてはならず、これが冷凍納豆であるが故の宿命で納豆好きにはやや面倒くさい事項となっている。
 
 私の場合は常に解凍済み納豆を切らせたくないので、解凍済み納豆が残り1パックになったら冷凍庫から3個組の1セットを取り出して冷蔵室に入れておき、約1日をかけて自然解凍させるという方法で食べている。

 まあどんな方法が本当はベストなのか分からないが、今のところこのやり方が一番風味を壊さず解凍できるという気がしており、そのまま1週間くらい忘れても冷蔵庫の中で保管されるので一番楽なのである。

 ただ、ここで間違ってもやってはいけないのは加熱解凍である。

 何故なら納豆についている納豆菌は熱に弱いため、70度以上になると死滅してしまうからである。

 つまりもし加熱解凍した納豆を食べたとしても、風味はあるが健康への効能効果はゼロになってしまうことになる。

 故に冷凍納豆は自然解凍がベストで、特に健康のために納豆を食べるなら加熱解凍をしてはいけないのである。

 このことは実は解凍だけではなく調理にも同様のことが言え、世の中には納豆を使った料理として納豆チャーハンや納豆汁など様々なものが存在するが、これらの加熱された料理は納豆の風味を楽しむものとしては非常に美味しく頂けるのだが、納豆による健康効果に関しては、実は納豆菌が熱で死滅しまっているため期待できないものとなっている。
 
 よって風味を楽しむだけのものと分かって調理するなら加熱してもいいが、納豆の健康効果を期待して食べるのであれば決して加熱してはいけないのである。

 こうやって考えるとやはり納豆は御飯にかけて食べるのが体にもベストだという結論に達するのである。(笑)