Tag Archives: 野球

野球

45歳のイチロー選手

 シアトルマリナーズのイチロー選手が昨日引退を表明した。
残念ながら試合の様子は見ていないのだが、夜中にやっていた記者会見の様子はインターネットで見ることが出来た。

 ただ従来から、彼の出ている試合そのものをそんなに見ていたわけではないので、私の中でのイチローは、数々の記録の偉大さなどを含めて、ニュース上で他人が伝えてくれた評価の中での彼の人物像でしかない。

 昨夜の会見の中での受け答えを見ていて、私が感じたのは彼も45歳という歳を迎えた一人の人間だということ。

 つまり彼が、10代の頃から野球一筋の人生を歩み続け、日本球界やMLBで多くの記録を打ち立てて、ようやく野球の現役を離れた昨日現在の彼の45歳という立ち位置は、それほど特別なものではなく、誰と比較しても平等なんじゃないかなと。

 例えば自分自身と比べ(私は彼より少し年上だが)れば、生きてきた空間や中身は全く違うのかもしれないが、45歳という立ち位置に、45年過ごして今の位置に立っているという意味ではそんなに大きな差がないのではないかという気がしたのである。

 そりゃ、彼と実際比べてしまえば、生涯年収やら社会的栄誉やら何やらが全てに絶大な差があるわけだが、世の中誰一人として全く同じ人生を歩んでいる人はいないわけで、そういう意味では違うのは当たり前なのである。

 しかし違った人生を歩んできた時間でも45歳という年齢に到達し節目を迎えたという意味ではそれほど違いもないのかなとも感じるのである。

引退会見を伝えるニュース


 

 ただ、どうも昨日の記者会見の様子を見ていると、質問する記者たちが何とか彼をやたらと神格化し、記事をドラマチックに仕立て上げようとして、記者のイメージの枠に当てはめた答えを求めようとする質問が多く、それが鼻についた。

 それに対して、そういった質問はイチローさん自身が、淡々と跳ね返すように自然体で回答していたのがとても印象的だった。

 ヒーローとか偉大な人とかそういうことでなく、野球一筋に取り組んで来た人間の時間が昨日まで続き、昨日無事に節目を迎えたという意味で彼の存在の価値があるのであり、記録だのなんだのは、単なる一つの肩書でしかないのかなと思う。

 ただ、あのように周りからレジェンドだのなんだの持ち上げられても、ただ一人の45歳のイチローとして自然体で受け答えの出来る彼はそこが凄いなという印象ではある。

 イチローさん、長い間お疲れさまでした。

パリーグTVから返金があったが返事はなく

 先日、「パリーグTVから返金も返事もなく」というブログを書いてから、ちょうど1ケ月経った昨日、ようやく口座に返金が行われていた。

 まあずいぶん時間が経ったものの、無料にウソはなかったようで、お金は還ってきたのである。

 ただである。

 お金は還ってきたが、この一か月間私が行なった数度の問い合わせに対しては、結局一切の返信はなかった。
 何の音沙汰もない状態からいきなりお金だけが還ってきたわけであり、こちらが細かく気にしていたから気づいたようなものであり、金額が中途半端で他と間違いようもない金額だから返金だと分かったが、下手をすると見逃してしまいそうであった。

 で、パリーグTVのWEBサイトを見ても、それに関する記述は一切ないし、返金後の今になっても説明も一切ないのである。

 こちらもクレーマーにはなりたくないので、あまりしつこくはしたくないが、問い合わせの窓口を設けているのなら、一言でも返信するか、数が大量ならWEB上に一筆あるべきかと思うのである。

 パリーグTVの存在そのものは、非常に価値あるものだと思うが、そのサービス体制についてはどうもまだ疑問が残る状況である。
 

パリーグTVから返金も返事もなく

 3月末にプロ野球が開幕して、私の贔屓の日本ハムはなかなか好調な滑り出しで現在首位にいる。

 まあこれはこれで嬉しいことなのだが、この野球に関してちょっと困ったことが一つおきている。

 実は3月末に「開幕無料」に銘打って「パリーグTV」というネット専用の中継会社が番組配信の限定無料キャンペーンをやっていたので、私も大谷君のピッチングを見たいと思い申し込んでみたのである。

 視聴料支払い用にクレジット登録が必要だが3月中に解約すれば、一切料金もかからないとありそれを信じて申し込んだのであった。
 で、開幕当日繋いで観戦しようとしたところ、VPN回線の通じての視聴だったためか、その日は全く接続することができず、結局開幕戦を観戦することはできず、ネットの速報だけで試合経過をウォッチするに留まったのである。

ファイターズスタジアム

実家近くのファイターズスタジアム

 まあ、このこと自体はある程度予想されていた範囲であり、もとより有料会員になるつもりはあまりなかったので、今回見られず残念ではあったが結局すぐ解約することにした。
(どうやら、無料キャンペーンでアクセスが集中しすぎてサーバーがダウンしたと後から知った。)

 で、翌日の午前中にさっさと解約して、その後の視聴を止めたのである。

 ところがである。

 今回無料と謳われていたはずなのに、申込時に見放題1ケ月分1566円の視聴料が決済されていることに数日後気がついた。

 「なに?」

 慌てて、パリーグTVのホームページを開いて契約状況を確認したが、ちゃん3月28日に解約が行われており、こちらの手順に手落ちはないようだった。
 じゃあ「規約の読み間違えか?」とも思い、規約やQ&Aのよくある質問を全部読んでみたが、3月中に解約すれば一切料金はかからないとあり、私の理解から言えば徴収はあり得ないはずだった。

 しかし現実には処理が決済されてしまっている。

 これはおかしいと思い、早速問い合わせ窓口を探したが電話番号は見つからず、仕方なくメールでこれはどういうことかを問い合わせる旨のメールを送った。

 しかし数日経ってもウンともスンとも返事がないし、もちろん返金もされない。

 どうもおかしいと思い再び同様の問い合わせを行なった。
 メールフォームからの質問であり、迷惑メールなどで弾かれる心配はなく、恐らく確実に先方には届いているはずである。

 で、最初のメールの問い合わせから2週間ほど経つが未だに何の反応もない。

 こちらとしても、規約の読み間違えや登録ミスがあり、これこれこういう理由で返金できませんと言われれば、不満であっても納得はできる。
 或いは現在対応を協議中ですとか言われるなら、仕方なく待つことも出来ようが、全く反応がないことには納得しようもないのである。

 こちらもそんじょそこらの怪しげなサービスに手を出したなら、こう言った結果もあるかなと思い、諦めざるを得ない面もあるが、天下のプロ野球の有料中継サービスでこういった対応に出くわすとは思わなかったのが正直なところである。

 まあ今回金額としてはそれほど大きくはなく、カードの処理サイクルの都合ということも想定されるので、もう少しは待ってみようとは思うが、やはり現代の顧客対応の常識としてせめて数日以内にメールの一通ぐらいは早く送ってきてほしいという気がする。

 今後最終的に反応がなかった場合について現在思案中であるが、残されている手段としては消費者センターに相談するか泣き寝入りをするかのいずれしか無いような気がする。

 折角ファイターズが躍進しているのに、どうもミソがつけられている現状となっている。

負けに不思議の負けなし

応援していた日本ハムがCSシリーズで負けた。

 まあ昔からの贔屓なので悔しいが肝心なところでエラーや暴投が出ては勝てるわけはないのである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ところで仕事の方でもある契約が一つ終わることになった。

 はっきりした正確な理由はわからないが、本来イザという時のための契約であったはずなのに、担当者が怠慢な作業をただ繰り返していただけだったのようで、肝心のイザという時に役立たず、意味がなかったようだ。

 それが全ての原因かどうかわからないが、あの仕事ぶりでは仕方なく、終わるべくして終わったような気がする。

 負けに不思議の負けなしである。
 

ヒットは出なくても得点は入る

 野球の例え話で、ルールのわからない人にはちんぷんかんぷんかも知れず恐縮なのだが、ビジネスにおいてホームランやヒットを打つことばかり考えている人がいる。

 もちろん、ホームランが出れば得点は入るし、ヒットが出れば得点の確率は高くなる。

 しかし、忘れないで欲しいのは、野球はヒットの数を競うスポーツではなく、得点を競うスポーツだということである。

 つまり実は野球においてヒットやホームランは、得点における必須事項ではない。

 どういうことかというとヒットをを何本打っても得点にならなければ試合に勝つことはできないし、ホームランはなかなか出る確率が低い結果なのでホームランばかり狙って皆で大振りし、1試合に1本だけホームランが出たとしてもそれでは1点しか得点を得ることができず、試合に勝つことはなかなか難しいのである。

 逆に、先頭打者が四球で歩き、その後2塁へ盗塁、そして次の打者の内野ゴロの間に3塁へ進塁、そして外野への犠牲フライで生還すれば1点となる。
 つまりノーヒットでも得点することができる。もしこれを9イニング繰り返すことができれば、理論上はノーヒットで9点が入ることになり、それ以下に失点を抑えることができれば勝つことができる。

 つまり野球の勝利にヒットは必要条件ではないということになる。

 逆に投手の側の言葉に、ノーヒットノーランという言葉があり、無安打無得点試合と訳されるが、無安打でも無得点ではない場合が有りうり、無得点に抑えなければ記録にならないということなのだ。
 

 さて、これらを仕事の話に置き換えると、ビジネスにおいても必ずしも「ヒット」つまり「ヒット商品」は必須ではないといえる。得点が入ればいい、儲かればいいということになる。

 もちろんヒット商品があれば儲けが出る確率も高くはなるが、実は必ず儲かるとは限らない。
 売れたとしても利益率が低かったりして儲けの採算ラインまでなかなか届かない場合がある。

 またホームランならば得点は入るが、そればかり狙っていたのではほかの面でに犠牲が多く、結局ホームラン以外の得点がなく、全体として大きな利益になってない場合がある。故にホームランを狙うと実は会社全体にマイナスになってしまう場合が多い。
 ではビジネスにおける四球とは何か?

 それは球の見極めで、話の見極めであるように思う。

 ヒットにならないであろう球をきちんと見極め、ストライクゾーン(リスクの高い話)ならファールでカットし、ボール球(安全な話)なら見逃し(無条件に受け入れる)、そうやってリスク回避を続けることによって、ヒットやホームランが出そうな好球を待つ。

 そうやって危ない話を避け続けることによって信用が積み重なって四球でフォアボールで歩くことができるようになる。四球を続けることによって、満塁押し出しなんてこともあるかもしれない。

 もちろん相手(ライバル会社)のあることなので、こちらが何にもせず得点を重ねていくことは難しいが、隙を見て盗塁(抜け駆け提携?)をして、犠打(協力連携)で得点を重ねることは可能かと思う。クサイ球を見極め、カット(危険回避)する技術は必要だが、少なくともホームランばかり求めるより確実に得点に近づく。

 つまりヒットは出なくても得点は入るということである。