Tag Archives: 野党

北海道知事選が面白そう

もうすぐ日本では統一地方選挙が始まるが、私自身は住民票がないのでどこの地方選挙にも投票できず、全選挙区とも高みの見物となっている。
(国政選挙は在外投票で投票できる)

この統一地方選の中で、面白そうな選挙の一つとして北海道の知事選挙がある。

 面白そうと言っては地元の方には大変失礼なのだが、久々にまともな政策論争の選挙戦が見られそうだからである。
 通常の首長選挙は現職がいて、現職対新人の構図になりそれまでの現職の実績と、新人による問題点の突きつけが争点になるのだが、今回は現職の高橋はるみ知事が退くので、有力候補者とされる二人の候補はいずれも新人となっている。

 もちろんそれぞれの候補にはバックに国政政党の応援があるのだが、それほど国政色は濃くない印象で、むしろ争点は国政の是非ではなく、北海道現状や将来に対する地元政策や行政手腕に注目が集まっている。

写真はイメージ

例えば与党側の候補とされる鈴木直道氏は、埼玉県出身で37歳と若いながらも再建団体に陥っていた夕張市長を務め、夕張市の再建に寄与したことからその実績を買われて、自公両党に推薦された。
 一方で、野党の統一候補とされる石川知裕氏は45歳とこれまた若く、かつてあの小沢一郎氏の秘書を務め、かの政治資金規正法違反事件で、有罪を受けた方ではあるが、北海道の足寄出身で衆議院議員経歴があり、経験としてはそん色がない内容で候補者となった。
 まあ行政実績があるという点では鈴木氏がリードするが、北海道出身で国政経験もある石川氏も知事候補としてひけはとらないだろう。

 よって少なくとも現状の人物評でいえば、どちらがどうと言うほどの差は無い。

 故に、2人を並べて道知事として相応しいかを考えるにあたって、いわゆる国政的なレッテルのイメージより、本人たちがどれだけ北海道のために尽くし、アイデアをもって行動する人間なのかが大事になってくる。
 JR北海道過疎化地震からの復興など北海道にとっては生活の基盤自体が揺るぎかけている現状に、新知事がどれだけ有効な手が打てるかに期待が寄せられている。

 そんな中で2人の候補者とも40歳前後と若く、行動力に対する期待値も高いので、あとはどんな政策を持っているが、そこが選挙上の争点となるはずである。
今回の北海道知事選は、デザインコンペ作品の提出を待つがごとく、非常に純粋に政策を見比べられそうな状態で、とても楽しみな選挙だという気がするのである。

少数野党の意外な活躍

ここのところ、日本の野党勢力が思ったより活躍している。

 昨年の衆議院銀選挙で、小池都知事の失言などもあって前回の選挙に引き続き自民党と公明党の大勝に終わったときは、また変わらない政治がつづくのかと思った。
 3分の1にも満たない野党勢力で何ができるのだと思ったからである。

 過半数はおろか、3分の一以下の少数野党では委員会でも過半数が握れず、与党が強行に多数決を通せば何もできないのが現実だからである。

 ところがである。

 現在の野党たちは思いのほか活躍を見せている。

モリカケ問題にはじまり、働き方改革法案など、野党が与党側や首相の不備を証拠を持って指摘することによって、法案を修正させたり、重要参考人を証人喚問へ呼ぶような動きが可能になっている。

 もちろんこのことは政権側がかなりいい加減で脇の甘い動きを見せていることが要因ではあるのだが、少数側の政党が数の力に諦めず。それをきちんと指摘できているところにちょっとした感動を覚える。

 従来の野党は反対のための反対と揶揄される面があり、結局は与党の思うがままに政治が行われ、野党側はただ抵抗するだけの動きしかできなかった。

しかし現在の野党は、かつてのそれとは違い、ちゃんとおかしな根拠を発見して指摘し結果に影響を与えることができているのである。

 まさしく野党が野党としての機能をはたしており、面目躍如といった状態になっている。

 まあ野党の対応が全て正しいとまでいう気はないが、現在の政権与党や霞が関の官僚の状況にはあきれ返っているところであり、とりあえず国政の膿が出切るように頑張ってほしいと思う。