Tag Archives: 身分証明書

いまだに中国を甘く見ている日本人

 最近時々、以前に中国にいた日本人が中国に舞い戻ってこようとしているような情報を耳にする。
 それぞれどうして日本に帰国したのかは知らないし、何故再び中国に足を踏み入れようと考えたのかはわからない。
 ひょっとすると中国式に生活習慣が染まってしまったため、日本に戻っても馴染めなかったり息苦しかったりして中国に戻ろうと考えたのかもしれない。

 「ああ、あの頃は楽しかったなあ、中国ならまだ今でも何とかなるかもしれない」と。

 こんな感じで、中国に戻ってこようとしているような印象を受ける。

 しかしながら、中国、特に上海は経済の伸びが緩やかになりつつあるとはいえ、今もって変化を続けている街であり今や数年前の上海の姿とは違うものになりつつある。

上海の街並み

 もちろん人間はそう急には変われないし、まだまだたくさん粗(あら)を残す部分はあるのだが、上海は本質的には日本とあまり変わらない状況になりつつあり、外国人に対しても以前のような制度の緩さというか甘さは無くなりつつある。

 特に2年前に始まった新ビザ制度の影響は小さくない。

以前は、通常は取りにくい高卒の方でも地獄の沙汰も金次第でコネクションを通せば、労働ビザが比較的容易に取れたのだが、今はそういったコネクションルートというのはほとんどなくなり、基本的にルールに則った正規の方法でしかビザが取れなくなった。

確かに今でも高卒であってもビザが取れないということはないようだが、ハードルは結構は上がったようである。
またこれに関して税金の面でも制度対応が厳格になり、ビザ制度と連動してきっちり税金を納めないと、ビザが延長できないというルールになったようだ。

またこういった外国人に対する制度のほかに、中国人たちがかなり真面目に社会のビジネスルールを守りつつあるようになった。
まあ日本を訪れる訪日観光客のようにマナーの面ではまだまだ問題がある点は多いが、上海では行政側で身分証明書に紐づいた評価ポイントというかブラックリスト制度がつくられたことから、人々のお行儀がよくなった印象がある。

少なくとも違法行為に対する意識が変わった印象で、今までは「バレなきゃいいし、ばれたら罰金を払えば済む」程度だったのが、今では「バレたらヤバイ」になっており、かなり生活態度に影響を及ぼすようになったような印象である。

このように中国人の日常認識にかなり変化が起きているだが、日本人はいまだに訪日観光客のマナー的な部分を指して中国人たちを「ルールを守れない人々」というレッテル付けをして評価している面がある。

更に、先日あるメーカーの方とお話をした際に伺った話だが、中国の工業技術は本当の最先端の部分ではまだ日本に分はあるものの、一般的な工業技術の面ではとっくに中国に追い抜かれ、追いつけなくなっているとのこと。
技術が良い上に価格が安いことから今や太刀打ちできない状態のようだ。

その理由として、熾烈な中国国内の競争があるため技術の進歩が速いのだそうだ。
それに対して、日本国内はまだ認識が甘いというか中国から見るとスピードが遅く見えるらしい。

つまり以前のように中国へ日本人が来て大手を振って闊歩してビジネスを行っていた時代は既に終わっており、中国へ来れば何とかなる時代ではなくなってきている。

少なくとも日本でノウハウの面できちんとしたアドバンテージを持った人材や企業でなければ、中国ビジネスに取り組むのは難しい時代になってきているのである。

しかし、冒頭に書いたように日本人の中にはいまだに5年前10年前の印象で中国を見ている人もおり、現実に直面してあたふたする人が少なくないようである。

上海の街はペーパーレス?雑誌が消えた?!

 私が上海に来た頃に、街のいたるところにあった新聞スタンドだが、5~6年前くらいからだろうか、最近全く見かけなくなってしまった。
 よく考えてみると、上海では紙そのものがそれほど扱われなくなっており、オフィスの現場や、広告チラシなどではいまだ健在だが、街で新聞を読んでいるおじさんもほとんど見かけなくなった気がする。
 それに従って街中に散乱する紙ごみもめっきり減っており、街全体のペーパーレス化がかなり進んでいるような印象である。

 まあコンビニで買い物をした時のレシートなどはまだ紙だが、ネットショッピングをした際に発行される発票(領収書)は基本としてQRコード付きの電子発票が基本になっている。
 また鉄道のチケットも、地下鉄は公共交通カード‘(チャージ式のプリペイドカード)か、スマホ決済になっているため、一回券などというものは滅多に見なくなった。

 長距離鉄道の利用も同様で、外国人にはまだ紙のチケットが発行されるが、現地の中国人はICチップ内蔵の身分証明証を使えば乗車できるので、わざわざ紙のチケットを手に入れる必要がなくなった。
 このようにほとんどの取引について、主にスマホが紙処理を飲み込んでしまい、ペーパーレス化となっている印象である。

上海地下鉄の自動改札

上海地下鉄の自動改札

 その最たるものがやはり、書籍・雑誌類であり、本屋・書店に行けばまだ手に入らないことはないが、わざわざ注文しない限り見かけることは滅多になくなったのである。
 その書店に至っても、街中の実体店は次々に閉鎖され、一時カフェを併設したスタイルで巻き返しが図られた状況があったが、状況を跳ね返す勢いにはならず、何店舗かは閉鎖されたようである。

 日本だと、コンビニが取り寄せ代行を含めて書店の機能を担いつつある面もあるが、上海では街のコンビニに行ってもほぼ雑誌の取り扱いは無い。
 そもそも中国ではコンビニでは日本に比べ雑誌の取り扱いは少なく、冒頭に書いた新聞スタンドがその役割を担っていたが、今やコンビニでの扱いも新聞スタンドも全くなった。

 結局書籍はネットショッピングで取り寄せるのが主流になっており、能動的に取り寄せなければ目にすることすら稀な状況になっている。

 では中国人たちが活字を読まなくなったかというとそんなことはなく、主に電子書籍をブックリーダーで読んでいる姿を地下鉄の中で目にする。
 また資格取得なのか、スターバックスのようなカフェで紙の本を置いて勉強している姿はちらほらみかける。

 外国人のビザ手続きなどを見ても、役所関係の提出書類はまだペーパーレス化は進んでいない気がするが、手続きの一部は電子データ化されて、資料の不整合のような現象は徐々に減りつつあり、いずれこれらの書類数もかなり減らされるかもしれない。

 時流として、中国全体でかなりのペーパーレス化が進みつつあるのは確かなようで、紙が発明された国ではあるが、ペーパーレスが「いの一番」に完成するのもまた中国なのかもしれないという気がしている。

中国のホテル用語<内賓・中賓・外賓>の意味

 中国はまだ日本のようにどのホテルに誰でもお金を払えば泊まれるという仕組みにはなっておらず。いまだに外国人が泊まれるホテルとそうでないホテルがある。

上海のローカルホテル

 そういったホテルの区分を知るのに知っておくべき言葉がある。

 日本から見る日本語のホテル予約サイトではまず出て来ない言葉なのであるが、携程網(Ctrip)など、中国国内向けのホテル予約サイトには、ホテルや部屋区分ごとに「内宾(賓)・中宾(賓)・外宾(賓)」などという表示が出てくる。

 これは何を示しているかというとそのホテルや部屋に泊まれるお客の身分を示すものである。

 主に外国人が泊まれるかどうかを示すものであり、我々外国人には重要な表示で、中国国内で働かれたり旅行される方は覚えておいたほうが良い表示である。
 たまに同じホテルでも部屋単位や予約手段ごとにこの区分が違うこともあるが、基本的にはホテル単位でこの区分が決まっている。

 それぞれ具体的にどういう意味があるかというと下記の通りとなる。

内賓(内宾)  中国の身分証明書を持つ人、つまり中国国籍の人のみが泊まれるホテルとなっているので外国人は泊まれない。
中賓(中宾)  中国パスポートと中国国内で外国人居留証などを取得して働いている方が泊まれるホテルであり、観光客など査証免除や臨時査証で入国される方は泊まれない。
(大陸以外のホテルでこの表示がある場合は、香港籍・台湾籍も泊まれる場合がある。)
外賓(外宾) 外国人向けホテル(部屋)で中国人も泊まれる。

となる。
 このように外国人向けホテルが区分されているという意味は、受付やその他で外国人向け対応が整っていることを意味するが、逆に言うといろんな面で外国人自身もきっちり管理されているホテルともいえるかもしれない。

 料金も当然ながら総じて外賓>中賓>内賓の順で差がある。

 私は中国の労働ビザ(外国人居留証)を取得しているので、中賓の部屋でも泊まれるが、例えば友人を日本から招く場合などは、彼らは泊まれないので外賓の部屋を探さなくてはならないことになる。

 このあたり、当たり前だが日本の楽天トラベルなど、日本語その他の外国語で案内される旅行サイトには外国人が泊まれホテルしか表示されないはずなので、一般の外国人は内賓・中賓ホテルの存在や区分があることをすら気が付かないかもしれない。
 しかし実際にはこの区分があり、中国に駐在されている方などで国内を安く旅行したい場合は、中国語のサイトで中賓区分のホテルを選んでみるのも手かもしれない。