Tag Archives: 砂糖

文章疲れに砂糖

 国慶節の連休中、人に頼まれて翻訳だの何だの文章系の頼まれ仕事を引き受けていたら、結構頭がヘロヘロになってしまった。

 文章を書くというのは、翻訳であれ創作であれ結構集中力を要するので、何時間も文章をを書きづづけると頭が相当疲弊する。

 故に自分のための文章などをゆっくり思考する時間も気力も無くなってしまっていたのである。

 そんなわけでブログが10日も止まってしまったが、ヤマを越えたので再開しようとは思う。
 ところで、文章を書く上で脳みそをフル回転させるのに必要なものに糖が必要で、今回この糖に随分助けられた気がする。

 眠いから単に眠気覚ましにコーヒーを飲むときにはブラックでもいいのだが、脳を使って作業をしたい時には糖のエネルギーが必要になる。

 単純作業の場合は、砂糖が入っていなくてもいいのだが、どうしても頭を使って考えなければならない時にブラックコーヒーだけでは目は冴えても頭は働かない時があるのである。

 そんな時は、カロリー云々は脇に置いて甘ーい砂糖入りのミルクコーヒーの様なものを飲むと頭の思考が動きだし、物事を深く考えることが出来る。

 これは科学的にも実証されているようで、脳のエネルギー源は糖であるとされており、故に文章作業のように頭の回転を必要とする場合は糖の補給は必須といって良いようようなのである。

 もちろん、砂糖の取り過ぎはカロリーオーバーや糖尿病などに繋がるし、夜中に飲むと胃に悪影響を与えるので度をわきまえることは大切であるが、血糖値の上昇を恐れすぎると、実は頭が働きにくくなり思考が悪くなるというのが糖と言う存在のようだ。

 それ故に、大人も子供も変に糖分摂取を怖がらず、勉強や仕事の合間に若干の糖分を取ることは実は、能率向上の一つのコツなので無いかという気がしている。

歯に浸みるB級中華料理

最近、上海のB級レベルのチェーン店などに入って食事をすると、歯がやたら浸みる時がある。

 もちろん、私の歯の基礎が多少弱っているということもあるが、自炊して食事をする範囲においては決してそんなことはないのに、外食した時に少々甘めの味付けのもの、例えば紅焼肉(ホンシャオロウ)などを食べると、歯に浸みる気がする。

 外食の日本料理ではまずそんなことが起きた記憶はないし、中国へ来て私も比較的コーラをよく飲むようになったが、歯に悪いと言われるコーラでさえそんなことは体験したことはなく、歯が浸みるのは決まってB級系の中華料理を食べた時である。

 まあ原因は定かではないが、どうも中国の砂糖や甘味料、或いは化学調味料などにその問題があるような気がしてならない。

 或いは酢が原因かもしれないが、どうも歯の表面を溶かして浸みこんでくる。

 私自身上海の地元のB級グルメを食べるのは、味覚の面としては決して嫌ではなく、それなりに普通に受け入れて食べているが、この歯への悪影響についてはどうも懸念がある。

 まあ普段からそれ程気を付けて歯の健康を気遣っている方ではないが、人並みに歯磨きはやっているし、キシリトールガムもよく咬んでいるので、普通の食事だけをしている分には歯に影響はまったくないと感じているが、B級中華系はやはりどうも駄目である。

 歯の弱い方は、できれば中国(大陸)系のローカルチェーンは避けて、なるべく海外資本系の店を利用することをお勧めする。