Tag Archives: 目薬

クラシックコンサート鑑賞の流儀

 流儀などと書くと仰々しいが、昔からコンサートを聴きに行く際に習慣になっている行動パターンというか、聴き方の段取りが自分の中でおおよそ決まっている。

 野球選手で言う打席前のルーティーンのようなもので、まあそれほど厳格な決め事ではないものの、ほぼ毎回その段取りを踏襲してコンサートに臨んでいる。

 もちろんルールのためのルールではなく、あくまで音楽を聴く時間大切にするための段取りである。
 改めて書き出すと結構な量になり、自分でも驚くのだが、まあそれくらい生の音を聴く機会というのは大切な時間なのである。

①前日は疲れを残さない
 コンサートを聴く行為というは結構集中力を要するため、前日はなるべく酒席などを避け、コンサート当日に疲れを残さないように過ごすようにしている。
 また生モノや冷たい飲み物も避け、お腹を壊すなどが無いように体を保つようにして、風邪をひいていたら強力な薬などで無理やり直す。
当日具合が悪くなってチケットを無駄にしたり、演奏中に体調が気になって集中を欠くようなことがないよう準備をする。

②耳掃除
しっかり音楽を受け止めるために、前夜の内から必ず綿棒で耳掃除をしておく。

③栄養ドリンク
コンサートに臨む際、2時間ほど集中するのにはやはり体力が必要なのでほぼ毎回コンサート前に栄養ドリンク的なものを飲む。
 但し、あまり冷えすぎたものはお腹を冷やす可能性があるので、なるべく常温に近いものを摂取する。

④直前の食事は軽め
 コンサート前には必ず開演の2時間前くらいにサンドウィッチ程度の軽めの食事を摂ってから会場に行くことにしている。
 軽めにするのは演奏中眠くならないためと、トイレのリスクを避けるためである。
 逆に空腹でも途中で集中力を欠いてしまうので、必ず食事を摂ってからコンサート会場に行く。

⑤当日はコンサート会場に開演1時間前には着く
 コンサートの開演時間ギリギリに到着すると、心が音楽を聴く状態にならず、ざわついた状態で音楽に向かわなければならないため、原則として1時間前にはコンサート会場に到着するよう心掛けている。
 それ故にコンサートの当日に別の用事を入れることは極力避け、19時や20時から始まる夜のコンサートならば、15時以降はなるべく予定を入れないようにする。
 1時間前の他の聴衆があまり集まってない状態で会場に着き、気持ちのざわつきが落ち着くようにするのである。
もちろんトイレなども余裕をもって済ませることができる。

⑥プログラムは必ず手に入れる
有料・無料にかかわらず、プログラムは当日会場で必ず手に入れる。
早く着いてしまうので、時間つぶしに読むという意味もあるが、まあ曲の順番や解説を読み、すこしばかり予習をする意味があり、記念というか記録という意味でもプログラムの購入は大事である。

⑦開場したらすぐ入場
普通のコンサートホールは大体30分前に開場するが、私は開場したらすぐ入場し席に行く。
あとから入って席を探すとバタバタしてしまうし、比較的静寂なホールの雰囲気を楽しみ、心が会場に馴染んだ状態で演奏を聴くためでもある。

⑧眼鏡の掃除と目薬
席に着いてから、眼鏡を拭いて、目薬を差すことにしている。
もちろん、目薬を差して脳に刺激を与え、心がシャキッとした状態になってから音楽に臨むためである。
またホール内は結構乾燥しており、眼も乾くためステージ上がしっかり見えるよう目のコンディションを整えるためでもある。
 
⑨タオルかハンカチを手元に用意する。
演奏中、空調の関係で冷えて咳き込むことが時々あるため、自分がもし咳をせざるを得ない状態になった場合に、咳の音が最小限になるよう、手元にハンカチかタオルを準備し、万が一の際はそれを口に当てられるよう準備している。

⑩携帯電話の電源を切る。
 演奏中に携帯電話の音が鳴らないようにするのは当然のこととして、音を消した状態にした上で電波を遮断する航空機内モードにし、さらに電源を切ってしまい、スマホ通信の未練を断ち切った状態で演奏を待つ。
 音云々の問題もあるがスマホで得られる情報などに気を取られると音楽に集中できないため、早めに未練を断ち切り、気持ちを鑑賞モードにして臨むのである。
⑪荷物は床に置く。
 演奏中、眠くなってパンフレットなどを床に落とすといった不注意を防ぐため、パンフレットは鞄にしまい、鞄は膝の上に置かず必ず床に置く。
 傘も立てかけず、必ず預けるか床の上に横倒しに置く。
 これも全て演奏中の不注意で落としたりして物音を出さないための準備である。

 このように幾つかのいつものルーティーンを経てコンサートに臨むのが習慣になってしまった。
 故に開演時間ギリギリで入場することは滅多にないし、そういう聴き方は極力避けている。
 皆様に真似をしろとまでは言わないが、やはり演奏を生で聴くというのは非常に贅沢なお金で買った時間であり、その贅沢を最大限味わい尽くすには、それなりの努力と準備が必要なのだと思っている。

dav

中国での目薬

 パソコンと毎日にらめっこをして仕事をしている私にとって目薬は大切な味方なのであるが、中国はどうも目薬の品ぞろえが悪い。

 中国では目薬は薬であり、眼精疲労回復などの目的で目薬を点すという習慣があまり一般的ではないのかもしれないが、日本のドラッグストアなどに比べると中国の目薬売り場は驚くほど小さい。

 唯一日系のロート製薬社の定番「新Vロート」が目立つだけで、あとはローカル製薬会社の商品が5~6点あるが、どうも手を伸ばす気にはならない。

 もちろんローカル製薬社の目薬とて安全性にはそれなりに気を使っているだろうが、使う部位が目であるだけにまだどこか不安を感じ、安心して手を伸ばす気になれないのだ。

 まあどこの国も同じようだと思うが、特に中国では医薬企業というのは権益だから外国企業に対して門戸が狭い印象で、よく新ロートVが許可になったなというくらい他の進出が無い。
 

 よって現在中国で使ってもいいと思える目薬は上記の20元程度で買える新Vロートだけとなっている。

 ただ個人的にはこの新Vロートそれほどお気に入りの目薬というわけではない。

 医薬としてはそれなりに優秀な目薬ではあるものの清涼感的なものに欠け、作業の合間の刺激として点すにはちょっと物足りないのだ。

 同じロート社の目薬ならば、ロートZIのほうが結膜炎予防などの医薬機能は落ちるがパソコン作業中の刺激としては使い勝手が良かったりするのだが、残念ながら中国では発売されていない。

 従って、自分が日本に帰ったり、友人が日本を訪問するたびに目薬を買ってきてもらっているのが実情だ。

スマイル40ゴールド

スマイル40EXゴールド

 

 いまの自分のお気に入りはライオン社のスマイル40EXゴールドなのだが、実はこの目薬はちょっと高い。

 一般的な目薬が日本のドラッグストアで200円前後で買えてしまうのに対して、これはなんと800円近くもする。

 その代わりにいろんな成分が入っていて機能満載で、確かに点すと他の目薬にはない点し心地と効き目がある気がするので高いだけの価値はある。

 ただ如何せん値段がやや高いので、パソコンで連続作業などが発生するとき以外はこれを使用せず、一般のスマイル40シリーズを使っている。

 別にメーカーにこだわっている訳でもないが、同一の製薬会社を使い分ける方が干渉もなくいいのではないかと思って使っている。

 残念ながら目薬は保存可能期間が短いため大量の買いだめができないのが難点だが、とにかく目薬は手放せないので日本の目薬は切らさないようにいつも2~3個の在庫をストックしていて、面倒でもやはりなるべく日本の目薬を使いたいというのが本音である。


 

ZoffのPC用メガネ

 現代生活というのはパソコンと携帯を眺める時間がやたら長くなっていると言われて久しいが、私も随分目を酷使している。

 実際1日どのくらい画面を眺めているか分からないが、起きている時間の8割くらいはPC、携帯、テレビなど何らかの画面を眺めている気がする。

 そんな中、少し前の話になるが9月末にウィルス性結膜炎の影響もあって目の状態がかなり悪くなり、霞み目を連発していたので目の健康状態にかなり不安を持つようになっていた。

 むろん年齢的にもそろそろ衰えが出るのは否めなく、今後の目の健康にかなり悩みはじめ、気を使うようになっていたのである。
 故にその頃友人が日本に行っていたので急遽頼んで日本製の目薬を買ってきてもらったりもした。

 もちろん中国にも目薬は売っているのだが、あまり効き目があるような気がしなく日本の目薬を頼んだのである。

 そしてこれを機にメガネも買い替えることにした。

ちょうどたまたまZoffさんからPC用のメガネというものが出ていることを知っており、買ってみようかと思案していたところだったのである。

 PC用メガネとは目を酷使する自分にとって何ともありがたい話である。

 お店に行って資料を目にすると、利用者の90%以上が目が疲れなくなったと答えているとのこと。

 まあこの数字は広告ということを割り引いたとしても結構高い数字である。

 価格も通常の価格プラス380元でOKとのことで、目を守れることを考えたら安いもので、結局霞み目で苦しんでいた自分は思い切ってこのPC用メガネを買うことにした。

 しかも国慶節期間中は期間限定で2本買うと20%オフになると聞いて、広告に載せられもう一本追加で買うことにした。 

上海のZOFF

上海のZOFF

 ただし、こちらは普段使いにしたかったのでPC用加工なしにした。

 レンズの在庫が無かったので一週間待ちになったが、一週間後にいよいよそのメガネがやってきた。

 新しいメガネをよく見るとレンズに少し茶色のような色がついていて、鏡を見ると色つきのメガネのようにレンズが少々暗くなっている。

 もちろんメガネとしての視界には何の問題もないのだが、色つきレンズを好まない自分としてはこのメガネ顔は残念ながらそんなに好きではなかった。

 故にPC作業用としては良いが、外で人付き合いの時に掛けるとかなり印象が違って見えそうで、それはあまり本意ではなく、やはりPC用ではないメガネも作っておいて正解だったようだ。

 さてさて、実際このメガネを使ってPCで作業をしてみると、確かに疲れなくなった気がする。
 まあ比較実験を厳密にしたわけではないが、目も霞まないし長時間の作業が楽になくなった気がする。
 以前は疲れが真っ先に目に来ていたが最近は、目より先に肩や腕がギブアップする。(これはこれで悲しいが)

 どうやらレンズにも増してメガネ自体が以前の物に比べ非常に軽いのもかなりプラスに働いていると思われる。
 
 色つきになってしまうというのは今後レンズ屋さんに頑張ってもらう研究課題だが、まあ仕事着だと割り切って使えば、このメガネは私にとって大事なツールになってくれそうな気がしている。

 目が見えなくなることを考えたら、このメガネを着替える多少の面倒臭さは我慢せねばなるまい。