Tag Archives: 百貨店

異様に暑いトイレ

 先日、某地下鉄駅前のショッピングモールに食事に行ったときのことである。

 出来てまだ数年の比較的新しいショッピングモールであったためか、この夏の暑さの中でもそのレストランの中やショッピングモール全体は非常に冷房が利いていて、食事中も汗一つかくことなく快適に食事を済ますことができた。

 ところがである。 

 食事を終えてトイレに行きたくなったので、そのレストランと同じフロアにあったトイレに向かったのだが、トイレはレストランのあるエリアから防火扉を一つ開けて、奥へ入り込む場所にあった。

 まあ、ここまでならどこの百貨店のトイレにもある形態なので驚きもしないのだが、問題はその後だった。

 なんと、その防火扉より奥の空間が異常に暑かったのである。

 暑かったというか、正確に言うと冷房が全く効いていない状態になっていて涼しくなく、恐らく外気温と一緒か或いは屋内の電気設備などのため籠った空気が外気温以上の暑い空間を作っていたのかも知れないという状態だったのである。

 そして、その暑い空間はそのままトイレへと続いており、当然のことながらトイレも冷房が効いておらず、異様に暑いトイレ空間がそこにあった。

 選べるものならこちらはそんな暑い空間のトイレは利用したくはなかったが、食事直後の用足しということもあり、他の場所を探す余裕もなかったため、結局そのトイレを利用することになった。

 利用時間はほんの数分の僅かな時間ではあったが暑さのためにどんどん汗が出てきてしまい、そうでなくても食事直後のため体温は上がっており汗をかきやすい状態になっていて、そんな時にこの異様に暑い空間はダブルパンチで汗でどろどろになってしまったのである。

 そして用を済ますと、暑い空間から逃げ出すように元の冷房の効いている空間に戻ったのが、地獄から天国に舞い戻ったかのように快適だったのである。

 ビルの運営管理側がケチなのかどうかわからないが、こんな駅前のショッピングモールにも関わらず、フロアにはガンガン冷房を効かせているのに、トイレにはまったく冷房が効いていないというのは、何だかバランスが非常に悪すぎるという気がする。

 まあこのショッピングモールに限らず、上海の百貨店やショッピングモールの中には、売り場は非常に美しく内装がしてあるにも関わらず、トイレに入ると非常に貧弱だったり汚かったりする場合が少なくない。

 おおよそ日系の資本が入っていると言われる建物は大体そんな体験をすることは少ないのだが、完全中国資本で作られた百貨店などは、時々トイレが酷い状態だったりする。

 例えば荷物フックがなかったり、掃除が適当だったり、個室の扉の鍵が壊れてていても放置してあるなどなど、トイレを見れば大体その建物の管理者の姿勢というか意識レベルが見えてしまうから不思議である。

 やはり何度もこのブログで書いている通り、目先の見た目の利益にばかり目がいっているため、トイレ一つとっても客から目線で環境を作れないのが、今の段階のこの国のサービス業の意識だという気がする。

原文

上海高島屋に足りない百貨店が儲かる立地条件

 上海に昨年進出した高島屋が苦労をしているとの話を聞く。

 まあ色々理由はあろうと思うが、素人目から見てもあの場所では客の入りは悪かろうという気がしている。

 恐らく当初の目論みでは虹橋開発区のビジネス街や古北新区の高級住宅街に近く、さらに地下鉄駅に直結するという立地条件のため、裕福なホワイトカラー達が利用しやすい場所として選んだのではないかと思われるが、これを見る限りどうも高島屋は老舗の割には自分たちのターゲットとする客層を正確に掴んでいないのではないかと心配になる。

 確かにミドルのホワイトカラーは重要な客層の一つであろうが、我々の生活を考えてみても分かるように、一般のホワイトカラーレベルのファミリー層がデパートで高級品を買うような頻度はそれ程高くない。

 故にビジネス街や住宅街が近いというだけではそれほど客を呼び込めないという気がするのである。

 では、百貨店が儲かる立地条件として何が重要なのかと言えば、私が考えるに「男女が出会う場所に近い」という条件が重要であるという気がしている。

 何故ならデパートの取り扱い商品の大多数は女性物でありながら、実はそれを買い求める際の財布の出どころは圧倒的に男性であり、特に中国はその傾向が顕著となっているため、男女関係の力学の存在なしに消費は大きく動かないのが世の中の道理だからである。

 つまり男性が女性の気を引くために、普段なら買わないような高級品を無理をして買いプレゼントするような行動があるからこそ、百貨店のような高級品ばかりのお店にお金が落ちるのである。
 それ故に百貨店の立地場所として相応しいと言えるのは、既に安定した男女が生活を送る住宅街のそばなどではなく、男女が新たに出会う場所の近くということになる。

 そういった条件にあてはまる場所として考えられるのが、まず映画館やカラオケなどといった娯楽施設のそばであり、更にはKTVやクラブと言った夜のお店のそばだという気がしている。

 夜のお店のそばが相応しい立地条件と言われたら、百貨店関係者からすると馬鹿にするなという意見もあるかもしれないが、銀座に老舗の百貨店が多いのは銀座のクラブの存在なしには語れず、大阪の梅田だってキタの存在なしには成立していないのだという気がするのである。

 振り返って上海の状況を見てみれば、2号線の婁山関路駅上にあるパークソンは出来てからそれほど間もないのに賑わっている背景には、向かい側のビルに日本人向けKTVや量販式の一般カラオケがあり、男女が集う条件が整っているからだと思われる。

 実際、KTVのそばの百貨店で鞄や洋服を買わされたという日本人の男性駐在員の声を聞くことは少なくない。
 
 これらのことから考えて、上海の高島屋が成功するには百貨店単独の努力だけでなく、もう少し周囲に男女が集う条件を整える努力をするべきであろうという気がしている。

 まあKTVやナイトクラブを誘致せよとは言えないが、せめてカラオケや映画館、ボウリング場などと言った男女が集うための娯楽施設を周囲に呼ぶような努力をしない限り、あの場所で成功するのに何年かかるか分からないというのが私の印象である。