Tag Archives: 炸醬麺

上海で老北京炸醬麺 その2

 先日からマイブームになっている老北京炸醬麺(ジャージャン麺)だが、やはり上海で食べられる店は限られているようであり、百度で検索しても3軒しか出て来ない。

 まあ検索の仕方を変えればもう少しあるのかも知れないが、それにしても少ない。

 実は先週その3軒のうちの上海南駅近くの1軒を訪ねて行ってみたのだが、なんと店が無くなっていたようで見つけられなかった。
 飲食店の入れ替わりの激しい上海ではよくあることなので、まあ無駄足そのものは気にならなかったが、これで老北京炸醬麺を食べられる店の候補が一つ減ったことの方が非常に残念だった。

 まだ残り2軒の候補があったが、なかなか遠い場所にあり、普段はうかつに行ける場所ではないのでここしばらくチャンスを窺っていた。
 そして今日、楊浦区に用事があって行くことになり、楊浦区の候補のお店へ行ってきたのである。

 今回は先週の失敗があるので、電話で存在を確かめてから行ったのであるが、確かに営業していた。

老北京炸醬麺

老北京炸醬麺

 お店の名前はそのままずばり「老北京炸醬麺」でひねりもなく分かり易い名前である。

 場所は地下鉄8号線の黄興公園駅か延吉中路駅近くの松花江路125号のローカルな住宅地区にあり、どちらの駅からも徒歩15分ほどの距離となっているようである。

お店の周辺はどローカル

お店の周辺はどローカル

 着くまでは大きなレストラン的なものを想像していたが、着いてみるとお店は拍子抜けするほどにごく普通の小さなローカル食堂といった感じで、外地料理という気取った雰囲気は全くなかった。

老北京炸醬麺の店内

老北京炸醬麺の店内

 店内に入ってもそれは同じで、やや体の良い椅子とテーブルが並べてあったが、普通の食堂の域を脱するほどオシャレではなく、まあ言うなれば普通の清潔なローカル食堂といったところである。

老北京炸醬麺の店内

老北京炸醬麺の店内

 さて、早速、このお店の文字通り看板メニューである老北京炸醬麺を注文をすることにした。

 12元である。

 そして待つこと20分あまり、出てきたのが写真の麺である。

老北京炸醬麺

老北京炸醬麺

 確かに、太めのうどんのような麺に黒い餡が乗っていて老北京炸醬麺そのものである。

 待たされてお腹も空いたので早速いただくことにした。

 店の人に良くかき混ぜろと言われたので、餡が均等に混ざるようによくかき混ぜてから食べ始めたのである。

 茹でたてなので麺は温かく、しかも柔らかいためちょっと想像とは違ったが、味付けは想像通りの老北京炸醬麺であった。

 ややしょっぱめの餡が実に麺と絡んで美味しかった。

 あっという間に完食である。

 食べる前はもう一杯食べてもいいかなという気もしたが意外とお腹が膨らみ、十分おなかいっぱいである。

 食べ終わって見て、何で上海にはこの美味しい老北京炸醬麺をあまり見かけないのか不思議に思ったが、まあここは結局上海ということであり北京のしょっぱい料理は上海人の口には会わないという事なのかもしれない。

 私自身はこのお店を気に入ったのでまた来たいと思ったが、年中通うにはやや遠すぎるのが難点である。

 まあ北京に行くよりは近いと思うしかなく、また楊浦区方面に行くチャンスを見つけ行こうと思っている。

【お店データ】
「老北京炸醬麺」
楊浦区松花江路125号(地下鉄8号線の黄興公園駅か延吉中路駅から徒歩15分)
電話13916600468
営業時間11時~21時
○老北京炸醬麺 12元

上海で北京ジャージャン麺を探す

先日、テレビドラマを見ていた時に北京ジャージャン麺(炸醬麺)を食べるシーンを見て、その時からどうしても老北京炸醬麺が食べたくなっていた。

 流石に老北京炸醬麺だけを食べに北京に行くわけにもいかないから、上海でどうにかあれを食べられない物かと幾つか情報を検索し調べてみたところ、それらしきものを食べられる店の情報を幾つか見つけたので、今日はまずその第一弾として時間を調整して食べに行ってきた。

 今回訪れたのは「鍋品面吧」という中国各地の麺料理を主にしたチェーン店であった。

 まあ北京料理の専門店ではないのだが、とりあえずこのお店が駅から近そうで、炎天下の中で店を探し回る必要が無さそうであったのでこのお店をチョイスしてみたのである。(笑)

鍋品面吧

鍋品面吧

 場所は地下鉄2号線の南京西路駅上の呉江路の路上の一角にあり、座席数が30席前後の割りとこじんまりとしたお店である。

 さて、カウンターで注文する形式を取っているこのお店だが、この店で目的のメニュー名を見ると「老北京肉醬麺」となっており、「炸」の文字が無いことから恐らく油で炒めていない餡を使用しているということのようだった。

 まあ腹を空かせてやってきたので「炸」が良いかどうかは食べてから判断するが、値段は18元と非常にお手頃なのが有り難かった。

 で、待つこと数分で運ばれてきたのが写真の料理である。

炸醬麺

 胡瓜とニンジンで彩られた見た目は上品で、まずは合格という感じである。

 さてさて早速食べてみると、油を使っていない分だけ非常にさっぱりしており、麺もまあまいける美味しさのような気がした。

 胡瓜の千切りの食感もよく、とてもヘルシーな印象である。

 餡に関しては最初はやや薄味のような印象で物足りなかったのだが、添え付けの酸豆角(インゲンの塩漬け)を載せて食べると、結構ほど良い味わいになった。

 ボリュームとしてはやや少なめで、女性はこれでいいが男性には物足りない量かもしれないがスープをきちんと頂けば、不足と言うこともない気がする。

 で、食べ終わったあとの感想はと言えば、まあこれはこれで無難でアリと言う気はするものの、ドラマで見た庶民的な雰囲気の北京炸醬麺に比べると少々上品過ぎる印象は否めない。

 今後もこの店に来て食べることはあるかも知れないが、北京炸醬麺を目指すという事であれば、もっと本格的なお店を捜してみたいというのが正直なところで、上海でもっと本格的な「老北京炸醬麺」を探す旅はまだまだ続きそうである。

【お店データ】

鍋品面吧 呉江路店
呉江路22号
021-62179825
注文した料理 老北京肉醬麺 18元