Tag Archives: 極楽湯

スーパー銭湯「極楽湯」でのぼせる

 先週のことであるが、あまりにも寒い日が続くので、日系のスーパー銭湯の「極楽湯」さんへ行ってきた。
 実は職場からかの銭湯の最寄り駅までは地下鉄1本で行けるので、個人的には意外と使い勝手の良い位置関係にある。
 で、仕事の時間が終わると同時に職場を出て一目散に向かった。
 手続きを経て入場し、ロッカールームで服を脱ぎ、すぐにお風呂場へと向かった。
 何種類か泉質の浴槽があるのだが、それぞれ5分から10分ほど満遍なく浸かっただろうか?
 気が付くとトータル1時間くらい浴場に滞在しており、これは長くなってしまったなと、風呂からあがり浴衣に着替え、2階にあがった。

 少々身体がだるく、長く湯につかり過ぎたかなと思いつつ、当初の予定通り食事をとるべく、レストランに向かったのだがどうも、調子が悪いような気がしていた。

 入り口でメニューを開いてみたが、やはり食欲が湧いてこない。
 それどころか、少々気持ちが悪い。

 仕方なく、休憩室へ向かおうとした瞬間に頭がクラっと来た。

 卒倒こそしなかったが、あと一歩で気を失ったのでないかと思えるほど眩暈がして、そばにあったベンチに倒れかかるよう横になった。

 どうものぼせてしまったようである。
 一歩間違えれば周囲の人に心配をかけるほど大事になっていただろうに思う。

 幸いというか、その時は大して周りに人がおらず気にかけてくれる人もいなく、私がそのベンチに横になっていたことすら気にされなかったかもしれない。

 そしてそこからはもう、なかなかまともに立ち上がるのが怖くなり、気分が落ち着くまでその場で横になるしかなかった。
 数分ほど経過し、何とか立ち上がることは出来たが、まだ気分が悪いので、横になれる休憩スペースに異動して仰向けになって、安静にすることにした。
 横になっても目がぐるぐる回るというか、気分が悪く落ち着かない。
 まあ、その状態で実際にどの程度命に危険があるのかは分からなかったが、この症状の延長上に命が危険な状態があることを初めて実感したような気がする。
 単に入浴方法の問題なのか、自分の年齢的身体的衰えなのか分からないが、自分という存在は永遠ではないことを改めて実体験した。

 その後30分くらい横になり起き上がる元気はなんとか回復したが、さすがに食欲はわかず食事を摂らず退館することにした。
 冬の冷たい空気に触れたかったのである。
 
 そして表へ出たが、出た瞬間は心地よかったが、やはり冬の寒さは強烈ですぐに肌が冷やされてしまった。
 まあのぼせの恐怖感を感じた直後だったので、さすがにその時は温泉に戻りたいとは思わなかったが、今回は温泉も入り方に気を付けなければ身を亡ぼすことを知った年明けの教訓だった。