Tag Archives: 抵抗力

マフラー・マスクのおかげで風邪知らず?

 私は生まれつき気管支が結構弱いので、毎年冬になると結構激しい咳が続くことが多かったのだが、今年はそういったことがほとんどなくひと冬を過ごすことが出来た。
 (その代わり痛いところはアチコチにあるが)

はて、今年はこんなに咳き込むことがないのは何故かと考えてみると、マフラーとマスクのおかげなのではないかという気がしている。
 特にマフラーを四六時中巻き始めたのは今年からで、昨年まではマスクはしていてもマフラーは本当に寒い日に時々巻いていただけであった。
 それが今年は外出時にはほぼ毎回持ち歩き、暑くなって汗ばむ直前まではマフラーを巻き続けるようにしたのである。
 この結果、例年のように咳に苦しむことはほとんどなく、扁桃腺を晴らすような高熱にもならず、比較的穏やかな体調で冬を乗り超えられた。
 まあ、体が怠くなる様な体調の時は正直何度もあり、発熱直前の前身の悪寒というか痛みになることは何度かあった。
しかし、全身のあの痛みというのは体が菌と戦っている証拠だそうで、その後に高熱にならなかったというのは、体の抵抗力が外敵に勝ったということになり、その点例年より抵抗力が上がったと考えられる。

 やはり首元を冷やさないというのは風邪予防に非常に大事な要素のようで、体温を下げず、リンパ腺を冷やさず抵抗力を保つという意味では絶大な効果を発揮しているようなのである。

 更にはマスクを併用することによって、口の中の乾燥と冷気の吸い込みを防ぎ、雑菌の侵入リスクを減らせる(100%は無理だが)わけで、抵抗力アップとのダブルディフェンスで風邪予防にはかなりの実質的効果があったような気がする。

 ところで、常に巻いていたマフラーというのは、実は先日ブログに書いた日本に一時帰国した際に古着屋で購入したの件の超格安マフラーであり、まあ何の因果か巻き心地が良くて上海に戻ってもずっと首に巻き続けた結果、風邪を予防してくれたことになる。
 
 今思えばずいぶんお得な買い物であったということになり、非常に運が良かった。
まあかのマフラーは春を迎え、もともと中古である上に1シーズンをフルに使い込んだので、少々くたびれつつあるのだが、まだまだ朝晩は冷え込むので今後も大切に使っていきたいと思っている。

実感のない「鳥インフルエンザ騒ぎ」

 ニュース上ではよく目にする鳥インフルエンザの件だが、実際に生活している上ではほとんど実感がない。

  鳥の取引が停止されただの、ニュースの見出しばかりが大きくなっているが本当にそんなに騒がれるほど深刻なのかというが正直な印象である。

 まああんまり人の多い街中へ出かけることの少なくなった私だが、それにしても怖い病気が流行っているといった緊張感は街のどこにもない。

 街を歩ければけっこう普通に鳥が売ってたりするし、マスクをしている人が大勢いるわけでもない。

 もちろん、注意して気にすればマスクをしている人にも気が付くが、みんながみんなマスクをしている印象はなく、どちらかというとかなり少数派だ。

 それに、先日のブログから書いていることだが、鳥が大量感染したというニュースは全くないのに鳥ばかりに気を使っている当局の現状があり、どこか首をかしげたくなる。

 感染もしていない鳥たちが無残にも10万羽以上殺処分されたらしく、感染拡大防止のためとはいえあまりにも無慈悲で的外れな対応という気がする。

 私が知る範囲で実際ウィルスが鳥から発見されたのは鳩1羽だけであり、それだって本当の情報なのか疑わしく、私は眉唾でこの情報を見ている。

 しかも疑わしい可能性のあった豚はロクな調査も警戒もされていないような印象で、当局の感染拡大防止の対策行動ばかり報道されており、結局本当の感染源の調査は全く進んでおらず手がかりすらつかめてないのではないかという気がする。
(或いは分かっているのに隠しているのか?)

 故にひょっとすると上記の10万羽殺処分だって、実は対応してますよというポーズのための捏造発表の可能性もあると感じている。

 いずれにしても現状の生活において、鳥にあまりにも警戒しすぎるのは馬鹿馬鹿しい状況で、例え地下鉄やバスに鳥を持ち込まれても私は気にかける状況になっていないのが本当のところであり、鳥を警戒するより自分の体調を保つ方がよほど対策になると思っている。



 

ウィルス性胃腸炎

 先日の24時間絶食の後、少しずつ食事を開始したがやはりお腹の急降下は止まらない。
 月曜日に出勤はしたものの、脱水症状状態で非常に体がだるく思考が働かない状態となった。

 まあ何とか日々の最低限の日課だけはこなしたが、余分な作業に取り組むほどの余裕がなく起きているのさえ辛い状態だった。
 病院に電話して相談したところ、もう一度来てくださいと言う事だった。

 そして再び病院へ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 今度は血液検査などを経て、炎症などの反応がなかったため、細菌性ではなくウィルス性の腹痛と診断された。

 ネットでウィルス性胃腸炎を調べてみると確かに症状と一致し、通常1~2日で治るようだ。

 医師によれば抵抗力がおちてウィルスが入ると、体の中で悪さをするらしい。

 そういえばここしばらくの病気は全て抵抗力の低下から来ているもののような気がする。
 歳を取ってきたということだろうか?

 とにかく、再び点滴を受けた。

 そして、5日目の今日、徐々に症状は回復しているような気がするが、まだお腹は止まりきってはいない。

 まあ過去のひどい腹下しも3日が平均だったから、慣れたくはないがもう慣れてしまった。

 まあお蔭様で体重がかなり減ったが、そろそろどうにかしたい。
原文