Tag Archives: 形式

結局に和食にたどり着く

 日本の和食が世界無形文化遺産に認定されるとのニュースが耳に入った。

 認定の理由として、日本文化の年中行事と密接に結びついているだの、自然を尊重した旬の食材を使うとか、美しい盛り付けなどが取り上げられており、まあ我々としてはどれも当たり前のことでしかないのだが、日本人としてはいつも食べているものが素晴らしい物だとして再評価された訳で、無形文化遺産そのものの必要性は感じなくとも、評価されて悪い気はない。

 それに無形文化遺産という評価は別にしても、和食というのは考えれば考えるほど、素晴らしい食文化だという気がしてくる。

 以前も同じような事を書いたかもしれないが、中国ではよく漢方の考え方で、医食同源などという言葉が仰々しく取り上げられ、やれ夏にはこれを食え、冬にはこれを食えなど学問的に押し付けがましい態度で教えを説いて来るが、実は和食はこれらの考え方を既に内包しているのではないかと思うのだ。

 つまり、中国のように今更わざわざ学問的に健康を押し出さなくても、和食では季節季節で旬の素材で献立が組み立てられており、旬の時期に旬の美味しい物をバランスよく食べるだけで中医学などでいうところの季節に必要なものが取り入れられ、自然と栄養バランスが整うようになっているという気がするのである。

 もちろん、この和食の成立過程にはこういった中国の食文化の考え方を取り入れてきた経緯もあるかもしれないが、今となってはそれらを見事内包して完成されている気がしており、敢えて栄養サプリの如く無理やり健康に良いとされる食材を取り入れなくても、自然な形で季節ごとの献立で摂食するだけで健康な食生活になるように整えられているのが和食だと思われる。

 まあ学問的に細かい検証を行なったわけではないが、伝統医学などと形式ばって学ばれているものは実はほとんど和食の中に存在しそうで、旬に採れるものを使った季節の献立そのものが健康を保つ食事となっている印象である。

 つまり敢えて「健康のため」と力まなくても健康を保てる食事、それが和食だという気がしており、そういった健康に関する食の知恵が無数にちりばめられている和食はやはり素晴らしいということになる。

 私も物好きなので世界の各国の料理を口にしてきたが、生まれ育った食事だということを別にしても結局最後は和食にたどり着きそうだという気がしている。

中国のテレビ放送枠は時間がバラバラ

 最近テレビを見始めて気が付いたことだが、中国のテレビは放送開始時間が結構中途半端である。

 報道系のチャンネルはそれほどでもないが、ドラマが多いチャンネルなどは、非常に中途半端な時間に始まるものが多い。

 53分とか、22分とかてんでバラバラな中途半端な時間に始まる。

 日本だと、どの放送局も基本は7時や8時と言ったジャストタイムを非常に大事にして枠が組まれており、さらに30分、15分と言った60分を等分した開始時間設定を行ない中途半端な開始時間を嫌っている。

 まあ人気番組の後番組だったりすると例外的に前倒し枠を設定することもあるが、基本は1時間ごとのジャストタイム開始を守っているのだが、中国のドラマ系チャンネルにはそれがほとんどない。

 一応夜のメインドラマは19時から始まるなど、基本のパターンは有るようだが、1日に渡ってジャストタイムが守られている訳ではない様である。

ケーブルテレビの番組選択画面

ケーブルテレビの番組選択画面

 以前にも書いたが中国のテレビドラマ放送は、毎週1時間ずつという放送方式ではなく、30話の放送なら毎日3話ずつ放映し10日ほど一挙に放送してしまうような集中型であり、最初の1本目がジャストタイムなら後は、続きで見るだけだからジャストタイムでなくても良いということらしい。

 こういうドラマの放送パターンやテレビの時間枠設定を見ていると、中国人の堪え性のない性質や、時間や形式にあまり細かくこだわらない理由が分かってくるような気がしてくる。