Tag Archives: 在上海日本国総領事館

在上海日本国領事館にはマンガがいっぱい

 先日、日中の社会保障協定の説明会に参加するために虹橋開発区の在上海日本国総領事館を久々に訪れた。
 だいぶ前に領事館の事務業務が敷地外の別館に移って以降、特に領事館本館を訪れる機会がほとんどなかったため、久々の来館となった。

 その社会保障協定というのは、両国間での年金制度の二重徴収を防ぐための協定で、管単に言えば手続きをきちんと行えば両国で二重に取られるようなことはなくなったということのようだ。
 と、説明会の主旨はそのようなものだった。

 で説明会終了後に、ロビーに出てみると日本を紹介する意図なのか、日本の観光資料などがフロアいっぱいに沢山展示してあった。
 都道府県の発行する観光地の紹介資料が主だが、ビジネス要素的な資料も沢山ある。

 そして、その一角にある本棚を見つけた。
 腰の高さよりやや高い程度の本棚の中に、非常に画一的に大きさの整った本が並べられていたが、よく見ると、それらは全てマンガだった。

領事館のマンガ本棚

在上海総領事館のマンガ本棚

 「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ちびまる子ちゃん」など、日本の有名どころの漫画が並んでおり、マンガ喫茶の棚のようなレベルで本が並んでいた。

 まさか領事館の職員が暇なときにこれらを読んでいるわけでもあるまいが、結構な量である。
 もちろんこれは日本文化紹介資料の一つとしてマンガを取り上げているのだろう。

 個人的には日本の文化としてPRするにしても、ここまで「大人揃え」する必要は無いと思うが、こういったマンガ喫茶的な雰囲気なマンガ本を揃えて並べる状態を含めて日本文化だと紹介したいのだろうか?

 まあ私の子供のころはおおよそ子供の娯楽でしかなかったような日本の漫画が、こうやって国際交流の最先鋒として、領事館のような国の施設の中に、大きなスペースを締めるのであるから時代は変わるものである。

 まあ本家のドラえもんでさえ、アニメ放送では私が子供のころの声優とはがらっと入れ替わり、演出も現代風になってしまっているようなので、私が知っているドラえもんとは声も世界も違っていることを数年前に感じている。
 そのくらい時代が変わったというか月日が経ってしまったのであることを改めて感じている。